アクションセンターを活用しよう

通知があるときには、右下に表示されますね
でも、見落としてしまった…

なんてときにWindows10では 各種通知を「アクションセンター」でまとめて確認できます。

今回は、アクションセンターについてご紹介したいと思います。

アクションセンターを表示する

画面右下にある吹き出しマークのようなアイコンが、アクションセンターのアイコンになります。

アクションセンターが表示され、通知の一覧を確認できます。
見逃してしまった過去の通知は、 上から順番に一覧で表示されます。

通知をオフにする

通知をオフにしたいときは、手動でオフにすることができます。

「設定」→「システム」→「通知とアクション」からオフに変更することができます。

また、アプリケーションごとに通知をオフに変更することも可能です。

通知をオフにする以外にも、 通知を抑制する「集中モード」があります。

集中モードは、仕事に集中できるようにしたり、夜間就寝時に余計なメッセージなどで起こされたりしないようするためのモードです。
「優先順位のみ」「アラームのみ」にすると、必要最小限の通知(アラームなど)しか表示されなくなります。

通知領域にあるアイコンをクリックして設定を切り替えます。

「設定」→「システム」→「集中モード」にある自動規制から、通知に邪魔されたくない状況や時間帯に合わせて自動で集中モードに変更することができます。

通知を削除する

削除したい通知にマウスカーソルを合わせて、右端の[×]をクリックすると削除できます。

また、アクションセンターの右下にある[すべての通知をクリア]をクリックすると、一覧に表示されたすべての通知をまとめて削除することができます。

各種設定を変更する

アクションセンターにあるアイコンをクリックすることで、簡単に設定の切り替えをすることができます。

アイコンは、それぞれ表示・非表示を選ぶことができます。

アイコン上で右クリックして、「クイックアクションの編集」を非表示に変更することができます。

ピンマークをクリックすると非表示に切り替わります。

表示をしたい場合は、「追加」をクリックすると非表示にしていたアイコンが表示されます。
表示したいアイコンを選びましょう。

よく使うアイコンだけにカスタマイズすればすっきりとした見た目になりますね。