ウイルスに変わる新たな手口 

こんにちわ、JEMTCです。

前回、ウイルスの歴史やらを載せました。
今回は、ウイルスに変わる手口を見ていきます。

1:新しい手口

皆さん、パソコンに色々なソフトをインストールされている方も
多いと思います。
中には、よくわからないけど便利そうだ・・入れたほうが良いらしい・・
という理由で・・・悪質な迷惑アプリをインストールしているかもしれません。

例えば
Simple Driver Updater
Driver Updater
WinZip Driver Updater
Identity Protector
Pc Speed Cat

見覚えのあるソフトは有りましたか?
もしあれば全て金銭目的の迷惑ソフトウェアとして名高いソフトたちです。

2:どうやって侵入しているのか

セキュリティソフトがあるから安心・・・している方は要警戒。
これらのソフトは無理やりこじ開けて入ってくるわけではありません。
ユーザーさん自らが招き入れて入ってきます。

しかも、迷惑ソフトと言われていますが、一応名目上は普通のソフトウェアです。
現に普通に便利だ!と思い込んで使っている人もいるわけですので。
したがって、セキュリティソフトは一切何もしてくれません。

このようなソフトに共通するのは
パソコンをスキャンし危険を促し有料ソフトを買わせる。手口です。
例えばですが・・
「フリーの霊媒師です。無料であなたの家を占ってあげます。
ムムム・・この家には悪霊が潜んでいます。危険です!この御札を10万円で買えば幸せになれますぞ!」

買いませんよね?
でもパソコンだと急に信じ込んで危ない危ない!と買ってしまう人がたくさんいます。
スキャンの結果、あなたのパソコンにウイルスが検出されました。削除するには1万円のこのソフトを買ってください。
と、警告を促してきます。
実際にウイルスが本当にいるんでしょうか?本人にはわかりませんね

この、不安を煽って買わせる物を迷惑ソフトと呼んでいます。

怪しいかも?と思ったら必ず検索してください。
危険を煽って購入させるソフトはほぼ悪質なソフトです。
起動するたびに勝手に動いて広告を出したり・・等も危険です。

そして殆どの場合個人情報も監視され抜き取られている可能性が高いです。
もし、購入などをしてしまった場合は、相手先へ連絡はしないでください。
話にならないあげくに電話番号を与えてしまうだけになります。
(日本語通じるかも怪しいメーカーもありますし)

すぐに消費者センターに相談してくださいね

3:騙し方にも工夫が

騙す方も騙そうと必死です。
こんな画面を見たことは有りませんか?

あたかもWindowsから発信されたかのようにみえます。

皆さん、覚えておいてください。

Microsoft社が我々のためにメッセージを表示することはありません。
出す場合は必ず、アクションセンターやWindowsの更新といった部分から発信されます。
セキュリティシステムの破損・・とかそういったメッセージはほぼ100%偽物です。
(というか破損しているのに秒数まで出して待ってくれるとかおかしいです。)

そして、これらはインターネットを利用している場合に表示されます。
インターネット閲覧ソフト(ブラウザ)に危険を察知して警告をだす機能は存在しません。
つまりインターネット中にポンと出てきたりページが切り替わって警告をだしたり・・もほぼ100%偽物です。
これらは全て、広告。という名目で表示されます。

何もせず画面を閉じてください。

4:いくつか私のパソコンに入ってる!どうしたらいいの!?

慌てずアンインストールしてください。
アンインストールされないように向こうも必死なので中々消えてくれない物もあります。
そんな時はJEMTC公式ページからウイルス110というページがあるので是非ご利用ください。
ソフト名とアンインストールで検索すれば詳しく解説されたページが沢山でてきます。

こういった迷惑ソフトは厳密には詐欺は行っておらずグレーな部分をついた汚い商売です。
特に日本では被害が多いので舐められてるということでしょう。

この記事で一人でも多くの人が被害に合わないことと、このようなメーカーが消えることを願います。

以下は嘘を見破る参考資料です。

フリーダイヤル・・・? 0120はどこへ?
Microsoftをうたって電話番号が東京03・・・?
アメリカ大企業のMicrosoftさんが固定電話とかありえないですよね

冷静に考えておかしいのでメッセージは良く読み良く見てみましょう。
騙そうとする、姿勢が垣間見えます。