無料で使えるMicrosoft Officeソフト One Noteについて⑤

無料で使える、Microsoft Officeソフト「OneNote」の紹介5回目です。

前回の記事はこちら

4回に渡って、One Noteの基本的な機能について紹介してきましたが、今回はOne Noteに備わっている応用的な機能を紹介します。

One Noteの紹介は今回で最後となります、仕事や仲間内での利用から、日記やメモ代わりなど一人でも利用出来る便利なソフトになっていますので、この記事で興味を持った方はぜひ使ってみてください。

録音機能

録音した内容を、ボイスメモとしてノート内に残す事が出来ます。

(録音機能の利用には、マイクがパソコンに内蔵されているか、外付型のマイクがパソコンに接続されている必要があります。)

録音機能の使い方

①メニューバーから「挿入」をクリックします。

②表示されたメニューから「オーディオ」をクリックします。



すぐに録音が始まり、「ヘルプ」の横に「録音中……」と表示されます。



録音を終える時は「停止」をクリックしましょう。



OCR機能

「OCR機能」とは、画像に含まれる文字を認識し、パソコンに抽出する事の出来る機能の事です。

One NoteはこのOCR機能にも対応しているので、写真に含まれている文字を簡単にパソコンへ取り込む事が出来ます。

OCR機能の使い方

①対象の画像を右クリックします。

②メニューから「画像からテキストをコピー」を選択します。



あとは「Ctrl + V」でコピーされた文字を貼り付けできますよ。

テキストをコピー出来るまでには時間がかかります、 One Noteに画像を貼り付けてからすぐはコピー出来ないので注意しましょう。

また、画像によっては文字を読み取る事が出来ない事があります。

チェックリストの作成

One Noteでは、チェックリストを簡単に作成する事が出来ます。

お買い物リストやToDoリストを作成するときに便利ですよ。

チェックリストの作り方

①メニューバーから「ホーム」を選択します。

②チェックリストにしたいテキストを選択します。

③ホームメニューの中からチェックボックスのアイコンをクリックします。





選んだテキストがチェックリストになりました!

勿論チェックボックスをクリックしてチェックを入れる事も出来ます。



ノートブックを共有する

One Note最大の特徴が、作成したノートブックを簡単に共有出来るという事です。

更に、共有したノートブックの更新内容はオンラインで反映されるので

複数人でノートブックの内容を書き換えていくという使い方が出来ます。

ノートブックを共有する方法

①右上のメニューから「共有」をクリックします。

②ノートブックを共有したい相手のメールアドレスを入力します

③共有相手もノートブックを編集できる「編集可能」か、ノートブックの閲覧のみが出来る「表示可能」を選択します。




「共有」ボタンを押すと、メールで 相手にノートブックへの招待状が送られます。

ちなみに、One NoteはiPhone・Androidのアプリでも公開されているので、スマホから利用する事も出来ますよ!