インターネット中毒

動画を視聴したり、ニュース記事を読んだり、SNSで交流したり、インターネットには興味深いコンテンツが星の数ほど存在します。楽しくてついつい長時間閲覧してしまい、気付けば真夜中…はたまた朝を迎えてしまった経験を持つ方は意外といらっしゃるのではないでしょうか?

楽しいことに熱中するのは悪いことではありませんが、時間を忘れて没頭してしまうことは避けたい…今日はそんな時におススメのソフトをご紹介します。
 
 

あなたの中毒レベルはどれくらい?

  • 家族や友達といるよりインターネットをしている方が楽しいと感じる
  • 気がつくと何時間もインターネットをしている
  • 隠れてネットをする
  • インターネットをやめるように言われると腹が立つ
  • インターネットをしていない時もインターネットのことが頭から離れない
  • 普段の生活よりインターネットをしているほうが安心する
  • しなくてはならないことがあってもインターネットを優先する
  • インターネットをしているとき、自分が変わったように感じる
  • ネットで知り合った人の方が現実の友達や親より大事になる
  • ネット以外の生活に興味がなくなる
  • 人間の生死の意味がわからなくなる
  • ネットの相手をわざと挑発したくなる
  • ネットなしでは生きていけないと思う

上の項目にたくさん当てはまる方は、少し注意が必要かもしれません。

自分の意志では中々ブラウザを閉じられない。また、熱中してしまい時間の経過に気付けないと言う方は「ブラウザキラー」を使ってみてはいかがでしょうか?

ブラウザキラー

提供元: Juraku-Software
ブラウザキラーはタイマーを設定してブラウザを自動で終了させるソフトです。設定した時間になると強制的にブラウザーを終了させてくれるので、やめ時が分からない方や、時間の感覚を忘れがちの方にはうってつけのアイテムです。

対応しているブラウザ一覧
・Internet Explorer
・Google Chrome
・Firefox
・Safari
・Opera Internet Browser
・Microsoft Edge
 
  
 
 

ダウンロードしよう

ブラウザキラーのダウンロードはこちらから ➡  Vector


リンク先のページ下部にある「ダウンロードページへ」のアイコンを左クリックしましょう。
 


次に「このソフトを今すぐダウンロード」を左クリックします。
その後、自動でソフトのダウンロードが開始します。

 
 
 

設定しよう

ダウンロードしたら、早速ブラウザキラーのフォルダを開きましょう。
ブラウザキラーのフォルダの内容は2点です。

BrowserKiller…ソフト本体
Readme…ブラウザキラーの取扱説明書

 

 

 

1 ソフトを起動する

「BrowserKiller」を左クリックするとソフトが起動します。

 
 
 

2 監視対象を設定する

監視対象(ブラウザ)を設定します。普段ご使用になるブラウザに☑(レ点)を入れてください。

 
 
 

3 終了タイマーを設定する

いつブラウザを終了するか、タイマーを設定してください。


時間(プルダウン)を左クリックすると、設定可能な時間が表示されます。1分から最大5時間まで選択できます。

📝ブラウザを終了させる必要がない時は「監視のみ(終了しない)」を選びます。※ブラウザの使用時間のみ計測されます。
 
 



以上で設定は完了です。

タイマーをスタートさせるには「監視開始」ボタンを左クリックします。
終了させる場合は右隣の「監視終了」ボタンを左クリックしてください。




   

その他のメニュー

ブラウザキラーには上でご説明した「ブラウザ管理」の他、「使用時間」「設定変更」のメニューがあります。メニューの表示切替えはメイン画面左側のタブより行うことができます。
 
 
 

ブラウザの使用時間を確認する

メニュー一覧から「使用時間」(①)を左クリックします。

■設定する内容
表示対象期間…表示する期間をプルダウンより設定します
集計単位
…表示する単位を日/月/年より ひとつ選択します
表示対象ブラウザ
…表示するブラウザを選択します(6種類すべてチェック可)

上記3項目の設定を終えたら「表示」ボタン(②)を左クリックします。
検索結果は画面右側、グレーの範囲に表示されます。


 

設定変更をする

メニュー一覧から「設定変更」を左クリックします。

ブラウザ終了モード
ブラウザを終了できない場合は、「強制終了モード」を実行して改善を試みます。初期設定では「通常終了モード」が選択されています。

バルーン表示

上の画像のようにお知らせを表示します。
設定する場合は「バルーン表示する」に☑(レ点)を入れた後、表示パターンを選択します。「分単位で残り時間を表示させる」「残り〇分になったら〇分ごとにお知らせを出す」の2種類あります。

使用時間記録
使用時間を記録するか、しないかを選択します。初期設定では記録される選択がされています。

ブラウザ終了失敗時の動作
ブラウザ終了が失敗してしまう場合は、「強制終了を試す」 を実行して改善を試みます 。初期設定では「監視を中止する」が選択されています。

ブラウザ終了直後の再起動を制限
終了後、ブラウザを任意の時間内は再起動できないよう制限します。
設定する場合は「再起動を制限する」に☑(レ点)を入れた後、制限時間を入力します。設定は1分単位で行うことができます。

その他
・「最小化時、タスクトレイにのみ表示する」
 タスクトレイの アイコンをクリックしてメイン画面を表示できます。
・「起動時に自動で監視を開始する」
 ソフト起動時に自動で監視を開始します。

どちらも初期設定では未設定になっています。


 

最後に

インターネットの長時間使用防止に役立つソフト「ブラウザキラー」のご紹介はいかがでしたでしょうか?

熱中してずっと画面にかじりついていると、目の疲れや腰痛肩こりの原因にもなり得ます。一般的に60分集中した場合は、10分~15分程度リフレッシュタイムを挟むと良いと言われています。適度にタイマーを設定して、連続使用防止策として活用するのも良いかもしれせんね。
 

データを削除してしまった…

ちょっとした操作ミスで、消さなくて良いデータまで消してしまったと言う経験はありませんか?ゴミ箱に入っていれば良いのですが、ゴミ箱からも削除してしまった時の絶望感は想像に難くないかと思います。

本日は、そんな時に役立つアプリをご紹介します。

Recuva

Recuvaは高速で動作するファイル復元ソフトです。内蔵ハードディスクはもちろん、リムーバブルディスクなどの外部メディアから削除してしまったファイルの復元もできます。ダウンロードは下記リンクから可能です。

Recuvaダウンロードサイト
 
 

Recuvaは有料版と無料版のふたつがありますので注意してください。
今回は無料で使える「FREE」の方をダウンロードしてご説明していきます。
 
 
 

ダウンロードをした後は

1 「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示が出ますので「はい」を左クリックして先へ進みましょう。
 
 
 


 

2 Recuvaウィザードが表示されます。「次へ(N)>」を左クリックしましょう。
 
 
 


 

3 ここでは復元させたいファイルの拡張子を選択します。特に指定しない場合は「すべてのファイル」にチェックがされている状態で「次へ(N)」を左クリックしましょう。
 
 
 


 

4 ここでは復元させたいファイルの格納場所を選択します。どこにあったファイルか思い出せない場合は「ハッキリしない場合」にチェックがされている状態で「次へ(N)」を左クリックしましょう。
 
 
 


 

5 この画面まで進みましたら準備は完了です。「開始(S)」ボタンを左クリックするとスキャンが始まります。




詳細スキャンを有効について
この項目にチェックを入れると、より多くのファイルを検出することができます。ただし、注記にもあるようにスキャンが長時間になる可能性があるため、時間に余裕がある時にチェックするようにしましょう。

📝次回この手順をスキップしたい場合は、説明「2」の画面で表示される「起動時にウィザードを表示しない」のチェックボックスにチェックを入れてください。

スキャンが終わった後は

1 スキャン後は、上の画像のように復元可能なファイルの一覧が表示されます。

📝写真などのファイルを探す時は、画面右上にある「高度な設定に切替」ボタンを左クリックしましょう。サムネイル(小さな縮小画像)一覧に切替わり、視認しやすくなります。
 

カラーアイコンの意味

Recuva _-_ List_View.png

ファイル名の左横にあるカラーアイコンは回復が成功する度合いを示しています。
緑…回復可能
黄…おそらく回復可能
赤…回復できない可能性が高い
 
 


 

2 復元したいファイルのチェックボックスにチェックを入れ、画面右下の「復元(R)」ボタンを左クリックします。
 
 


 

3 復元が成功すると「ファイルが復元されました」と言う画面が表示されます。「OK」ボタンを左クリックします。
 
 


 

4 つづいて復元先を確認する画面が表示されるので、任意の場所を指定します。

以上で復元の操作は完了です。
 
 

最後に

誤って消去してしまった時に試したいファイルの復元アプリのご紹介はいかがでしたでしょうか?状態によっては復元ができない場合もあるのですが、無料で利用できるアプリですので、是非一度お試しください。

パソコンお役立ちソフト紹介!-SignalNow X

時に、大きな被害をもたらす自然災害ですが

パソコンソフトの中には、そういった自然災害に備える為のソフトもあります。

今回紹介する「SignalNow X」というソフトは、気象庁の緊急地震速報をパソコン画面に表示してくれるというソフトです。

高度利用者向けの緊急地震速報を受信するようになっており

誤報が多くなる分、テレビや携帯電話で受信される一般的な緊急地震速報に先駆けて情報が表示されるという特徴があります!

また、予想震度や予想到達時間なども表示されるので、一般的な緊急地震速報よりも詳細な情報を確認出来るようになっています。

導入方法

「SignalNow X」はこちらからダウンロード出来ます。

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/signalnowx/


ダウンロードが完了したら、画面の指示にしたがってインストールを完了させます。


インストール画面中にこの画面が表示されたら、「スタートアップにショートカットを作成する」にチェックが入っている事を確認して、「次へ」をクリックしましょう。

これで、パソコンを起動すると同時にソフトも起動するようになります。

インストールが完了したら、まずは居住地域の設定をしましょう。デスクトップ画面に表示されるカエルのアイコンを開きます。

このアイコンは、村上春樹さんの短編小説 かえるくん、東京を救うが元になってるんでしょうか、分かりやすいアイコンですね。


SignalNow Xが起動したら、左側の項目から歯車のアイコンをクリックします。


「県庁所在地一覧」をクリックして、居住地域の県庁所在地を選択しましょう。

「通報条件」という箇所から、どの程度の地震が検知されたら情報を表示するのかという設定も行えます。


地震を検出した際は、このように分かりやすい画面で通知をしてくれます。


カエルのピンが立っている箇所が設定した居住地、×印が震源地です。

もし、パソコンの起動と同時にソフトも起動する設定を解除したい際は、こちらの記事から「その他のアプリ」の項目を参考にしてください。

SignalNow Xが起動されていないと地震速報を受信しないので、自動起動設定のままにしておくのがオススメです。

緊急地震速報の情報をいち早く、詳細に教えてくれるソフトなので、いざという時の備えとして導入されてはどうでしょうか。

大きなファイルを送ってみよう!

メールでファイルを送る際に、大きなファイルだと時間がかかってしまったり送れないことがあります。

そんな時は大容量転送サービスを利用してみましょう。

まずは大容量転送サービスとはどんなものなのか、どのような仕組みになっているのかを確認してみましょう。

大容量転送サービスの仕組み

①まず自分のパソコンにある送りたいファイルを、ウェブサイト上のサーバーにアップロードします。

②アップロードすると、ファイルをダウンロードするためのURLが発行されるので、そのURLをメールに添付して送りたい相手に送信します。

③URLにアクセスしファイルをダウンロードすることができます。

このようにサーバーを使ってファイルを送るので、ファイルサイズの大きさも気にせずに送ることができるんですね。

大容量転送サービスには様々なものがありますが、今回は「ギガファイル便」をご紹介します!

ギガファイル便の特徴

・誰でも使用可能

ギガファイル便は登録不要で誰でも無料で使用することができます。

・大容量の転送可能!

ギガファイル便では1ファイル200GBまでの大容量ファイルを送ることができるので、いくつかのファイルをまとめて送るにも便利です。

個数制限はありませんので、細かなファイルをまとめて送ることもできます。

・スマートフォンでも使用可能

ギガファイル便はパソコンだけでなく、スマートフォンでの使用も可能なので使用状況に合わせて利用することができます。

・保持期間も長くパスワード設定も可能

ファイルのアップロード保持期間は7日~60日まで選択することができるので、今すぐにダウンロードができない…って方でも使用できます。

またファイルにパスワードを設定することもできます。

使用方法

ではさっそく「ギガファイル便」の使用方法を確認してみましょう。

①ブラウザから「ギガファイル便」と検索しページ https://gigafile.nu/ にアクセスします。

「ファイルの保持期限」を選択します。

期間内のみファイルのダウンロードをすることができます。

「アップロード」をクリックし、ファイルをアップロードさせます。

 ファイルのアップロードは、ドラッグでファイルを移行させる方法と、「ファイルを選択」から選択する方法があります。

 ④アップロード後に「URL」が表示されるので、コピーしてメールに貼り付けて送信します。

※ファイルに「パスワード」を設定したい場合はパスワードを入力して「設定」をクリックしましょう。

パスワードに使用できるのは半角英数字4桁まで設定可能です。

⑤送られてきたURLをクリックするとダウンロード画面が表示されるので、「ファイル名」「ダウンロードを開始」をクリックするとダウンロードを開始することができます。

最後に

今回はギガファイル便をご紹介しましたが、他にも無料で使用できる大容量転送サービスは数多くあります。

取り込めるデータ容量や、ファイル数、期間など条件は使用するサービスによって異なりますので、自分にあったサービスを活用してみましょう。