パソコンでお絵描きしよう!

パソコンで書類作成したりインターネットサーフィンをされる方は多いと思いますが、お絵描きされる方は意外と少ないのではないでしょうか?

今回はインターネット環境がある方におすすめ!ブラウザ上で簡単にお絵描きできるアプリをご紹介します。

 

pixv SKETCH

pixv SKETCH

WEBサイト⇒ https://sketch.pixiv.net/
鉛筆風ブラシを中心にした、スケッチやラフなどが描けるツールです。

その場で落書きするだけの場合は新規登録不要!
「描いてみる」ボタンをクリックすると、お絵描きページへ移動できます。
 

ツールの紹介

ここではお絵描きページの各ツールを紹介します。
直感操作ができるシンプルなつくりなので、説明書がなくても使いやすいかと思います。

 
 
 

①鉛筆

その名の通り、線を引くためのツールです。鉛筆のアイコンを二回クリックすると描画線の一覧が表示されます。鉛筆のような線から毛筆ような線まで、さまざまな書き味の線を選ぶことができます。

 
 
 

②消しゴム

その名の通り、書いたものを消すためのツールです。
こちらも鉛筆ツール同様に、消しゴムのアイコンを二回クリックすると、消しゴムの一覧が表示されます。ごしごし消せるような物から、ふんわり消せるような物まで、さまざまな消し味の消しゴムを選ぶことができます。
 
 

③ぼかし

描写部分をぼかすためのツールです。
紙の上に引いたばかりの線を指でこするとその部分がにじむように、このツールを使えばドラッグした箇所をぼかすことができます。鉛筆ツールや消しゴムツールと同様に、ぼかしのアイコンを二回クリックすると、ぼかしのニュアンスを選ぶことができます。

 
 
 

⑤塗りつぶし

囲まれた線の内側を任意の色で塗りつぶすためのツールです。
線の始まりと線の終わりがつながっていないと、色がキャンバス全体に広がってしまうため、塗りつぶしたい部分がきっちりと線で囲えているか注意しましょう。
 
 

⑥スポイト

色を吸い出すためのツールです。
すでに描画されている部分をクリックすると、触れた部分と同じ色を吸い出すことができます。どの色を使ったか忘れてしまった際に使用すると便利です。
 
 

⑦カラーパレット

描画色を変えるためのツールです。
基本的な色はあらかじめセッティングされています。使いたい色がない場合は、適当なパレットを二回クリックしてください。色相環が表示され、自分好みにブレンドした色と置き換えることができます。



 

⑧拡大と縮小

キャンバスを拡大および縮小するためのツールです。
見づらくて拡大したい時は「+」マークのついた虫眼鏡をクリックし、拡大しすぎてしまった時は「-」マークのついた虫眼鏡をクリックします。好みの大きさになるまでクリックを繰り返してください。
 
 

⑨自動着色

その名の通りコンピューターが自動で絵の着色を行うツールです。
何色で塗ればいいのかわからない時は、自動着色ツールを使ってみましょう。普段の自分では選ばないような色で着色されることもあるため、とても面白い機能です。

描き終えたら…

描き終えたら、絵の保存をすることも可能です。
ブラウザの左上あたりにある歯車のアイコンをクリックすると、一覧が表示されます。その中から「画像でダウンロード」を選択しましょう。画像がPNG形式で保存されダウンロードされます。



 

終わりに

いかがでしたでしょうか?
ソフトのダウンロードや初期設定するは手間なし!ブラウザですぐ描けて、自動で着色できるなんてとても便利ですね。マウスを細かく動かす練習にもなりますので、興味のある方は是非チャレンジしてみてくださいね。

Googleフォトが有料化に!?

スマートフォンやデジカメなどで撮った写真と動画を、高画質のまま保存できることで人気だったGoogleフォト。写真などの整理に使用されている方も多いのではないでしょうか。

そんなGoogleフォトですが、無期限ストレージを2021年6月1日から廃止することを発表しました。

今まではアップロードの上限がなかったのですが、2021年6月以降は無料で使用できるのが15GBまでとなり、15GBを超える容量を使用する場合は有料プランに変更する必要があるとのこと。

今までアップロードしたデータはどうなるの…と不安になってしまいますよね。
しかし2021年5月末までにアップロードされた写真と動画に関しては、これまでと同様にアップロード容量には含まれないので、とりあえずは一安心…ですね。

しかし今後のことを考えると早めに対策を考えなければ…って方もいるのではないでしょうか。

そこで今回はGoogleフォトの他のストレージサービスについてご紹介していきます!

なおGoogleフォトについては以前にもまとめているので、気になった方はこちらの記事もご確認ください。

おすすめのストレージサービス

おすすめのストレージサービスをまとめてみました。
なお、Googleフォトでも有料プランにアップグレードすれば、これまで通り使用可能です。

・Googleフォト
 無料サービス:15GB
 有料サービス: 100GB(月額250円)、200GB(月額380円)、他…

・OneDrive
 無料サービス:15GB
 有料サービス:50GB(月額249円)

・Dropbox
 無料サービス:2GB
 有料サービス:1TB(月額1200円)

・Amazon Photos
 無料サービス:5GB
 有料サービス:100GB(年間2400円)、1TB(年間13800円)
 ※Amazonプライムに入会している場合は、写真データは無制限、
  その他の動画ファイルなどは5GBまでアップロード可能です。

・iCloud
 無料サービス:5GB
 有料サービス:20GB(月額100円)、200GB(月額400円)、他…

・MEGA
 無料サービス:50GB
 有料サービス:200GB(月額600円)、1TB(月額1200円)

いずれのストレージサービスも有料プランもありますが、無料で使用できるものとなっています。サービスによって内容も異なりますので、使用前に確認してみてくださいね。

最後に

オンラインストレージサービスには様々な種類があります。
使用するサービスによってメリット・デメリットがあるので使用用途にあったサービスを探してみましょう。

スマホ同期

パソコンと同じくスマートフォンも、現代社会では非常に馴染み深いアイテムになりました。現在では普及率が50%を超え、街中でもスマートフォンを操作している方を多く見かけます。

本日はパソコンとスマートフォンを両方お持ちの方に、是非お試しいただきたい「スマホ同期」をご紹介します。
 
 

スマホ同期ってなに?

Windowsパソコンとスマートフォンを同期することができる機能です。

いくつか便利な機能を備えていますが、よく使うものとしてはスマートフォンで撮影した写真をパソコンで閲覧・データの移動ができたり、スマートフォンに届いたテキストメッセージをパソコンで閲覧・返信するなどが可能です。
 
  

スマホ同期管理アプリの機能

• テキストメッセージを パソコンで閲覧、返信できます
• パソコンとスマートフォン間で、ファイルをドラッグ&ドロップして共有できます
• スマートフォンにある写真に、パソコンからすばやくアクセスできます
• パソコンで電話の発信、受信ができます
• スマートフォンの通知をパソコンで管理できます
• パソコンでお気に入りのモバイルアプリにアクセスできます
 

パソコンにスマホを追加しよう

1

スタートメニューから「スマホ同期」を左クリックします。
 
 
 

2

使用しているスマートフォンの種類を選択し「そのまま進む」ボタンを左クリックします。


  

3

「Microsoftアカウントでサインイン」ボタンを左クリックし、Microsoftアカウントにサインインをします。

📝スマートフォンでもMicrosoftアカウントが設定されている場合は、同じアカウントでサインインを行ってください。


 

4

         ↓↓↓

サインイン後に www.aka.ms/yourpc へアクセスすると、QRコードが表示されます。スマートフォンでQRコードを読み取り、Windowsにリンクします。

📝スマートフォンにスマホ同期アプリがない場合は、あらかじめGoogle Playなどからダウンロードを行ってください。


 

5 設定完了!

同期完了後、上の画像のようにパソコンのブラウザからスマートフォンのデータを確認することができます。
 

 

最後に

登録は少し手間かもしれませんが、同期しておくととても便利なスマホ同期。
是非試してみてくださいね。

\  ♫ ♬ ♪ /

困ったときは遠隔操作で助け合い

パソコンの操作がよく分からないから誰かに教えてもらいたい!他の人と画面を共有したい!ってことありませんか?

そんな時には「クイックアシスト」という遠隔操作アプリが便利です。

リモート接続を通じて2人のユーザーが1台のパソコンを共有でき、一方のユーザーがもう一方のユーザーのパソコンを使用できるようになります。

接続にはお互いの承認が必要になるので、不正アクセス等の心配もなく安心して使用ができます。

クイックアシストの開き方

①画面左下のWindowsロゴをクリック、もしくはキーボードの「Windowsキー」を押します。

「Windowsアクセサリ」を開きます。

「クイックアシスト」をクリックして開きます。

使い方

①「クイックアシスト」の画面が表示されたら、「他のユーザーを支援する」をクリックします。

支援するユーザーはMicrosoftアカウントが必要になるので、持っていない場合は使用前にアカウントの作成をしましょう。
※ 支援を受ける側はアカウントがなくても使用可能です。


②サインインが完了すると、セキュリティーコードが表示されます。
 有効期限は10分間なので、お互いに準備してからコードの表示をしましょう。

セキュリティコードの提供方法は様々です。


③支援を受ける側は教えてもらったセキュリティコードを「アシスタントからのコード」に入力し、「画面の共有」をクリックします。

お互いが使用を許可すると、リモート接続され、使用できるようになります。

クイックアシストで出来ること

クイックアシストでは様々なことができます。

①表示するモニターの切り替え(複数のモニターを接続している場合)
②デスクトップ上に直接コメントをする
③実際のサイズで表示する
④テキストチャットをする
⑤再起動する
⑥タスクマネージャーを起動する
⑦再接続をする
⑧一時停止する
⑨終了する
⑩各ボタンのラベルを表示させる


「一時停止」や「終了」の場合はまた再接続をすることができますが、画面を閉じてしまうと再度セキュリティコードが必要になります。

最後に

インターネットを介して遠隔操作をすることができるので、遠くに離れている方に操作を教えてあげたり、困っている友人や家族のサポートをすることができます。ぜひ活用してみてくださいね。