Microsoft IMEの便利機能を使って楽に日本語を入力しよう

パソコンを使うときに一番使っているソフトウェアといえばなんでしょう?
ブラウザでしょうか?ワープロや表計算でしょうか?
たぶんきっと、日本語を入力するソフトウェアではないでしょうか。

Microsoft IMEとは?

Windows10に標準で搭載されている日本語を入力するソフトウェアは「Microsoft IME」(以下MS-IME)といいます。

IME(あいえむいーと読みます)とは、「Input Method Editor」(入力方式エディター)の略で、コンピュータに日本語を入力するためのソフトウェアのことです。

IMEを使うことで、キーボードから入力した文字を、カナ漢字交じりの日本語の文章とすることができるようになるわけです。

MS-IME以外にも、Googleが提供している「Google 日本語入力 」やジャストシステムが提供している「ATOK」などがあります。

MS-IMEには楽に日本語を入力できるいろいろな機能があります

MS-IMEには日本語を楽に入力するためのいろいろな便利な機能があります。
今回はそれらの便利な機能を紹介していきたいと思います

日付や時刻を楽に入力したい

日付や時刻を入力するときに数字で打たなくても入力できる機能があります。

MS-IMEでは、今日の日付を入力したいときは「きょう」と入力するか、「にちようび」というように今日の曜日を入力すると、今日の日付が候補として表示されます。
また「いま」と入力すると、現在時刻が候補として表示されます。

このように「きのう」「あした」や「どようび」「げつようび」のような日付に関連する言葉を入力すると、それに対応する日付が候補として表示されます。

和暦を楽に入力したい

例えば2010年を和暦で入力したい場合、過去のカレンダーで和暦を確認してから入力している方もいらっしゃると思います。

MS-IMEでは「2010ねん」と入力すれば、その年の和暦や干支が候補として表示されます。ちなみに2010年は平成22年で寅年であることがわかります。

ただし、和暦を西暦に変換することはまだできないようです。

住所を楽に入力したい

住所を入力したい場合、すべて日本語で入力している方もいらっしゃると思います。

MS-IMEでは入力したい住所の郵便番号を入力すれば、その住所が候補として表示されます。また、その逆に住所を郵便番号に変換することもできます。

私どもJEMTCを例としますと、所在地は〒461-0011 愛知県名古屋市東区白壁です。この住所を入力したい場合、わざわざ「愛知県名古屋市東区白壁」と入力しなくても、「461-0011」と入力すれば「愛知県名古屋市東区白壁」が候補として表示されます(「4610011」ではなくハイフンつきの「461-0011」と入力します)

また「愛知県名古屋市東区白壁」と入力して、マウスでその文字列を選択してから[変換]キーを押す、または右クリックメニューの[再変換]をクリックすると、再変換の状態となり、その変換候補として郵便番号が表示されます。

読みのわからない漢字を楽に入力したい

読みがわからない漢字はどうやって入力していますか?

MS-IMEではマウス操作で漢字を書いて入力することができる「IMEパッド」という機能があります。

タスクバーの「あ」または「A」アイコンを右クリックして表示されるメニューから「IMEパッド」を選択します。「IMEパッド 手書き」画面が表示されます。その画面の「ここにマウスで文字を描いてください」というところでマウスの左ボタンを押したまま動かすとそこに線が描かれますので、知りたい漢字をマウスで描きます。
そうすると、その右側に漢字の候補が表示されますので入力したい漢字をマウスでクリックすると、その選択された漢字が入力されます。

タスクバーの「あ」アイコンにマウスカーソルを合わせて右クリックします 。
表示されたメニューの「IMEパッド」をクリックします。
ここにマウスを使って文字を描きます。
「鯲」は「どじょう」と読むことがわかりました。

候補が表示されないときは「認識」をクリックして、候補を表示させましょう。

誤変換を楽に修正したい

変換したときに違う同音異義語で確定してしまった場合、どのように修正していますか?
いったんすべて削除して、再度入力して変換していますか?

MS-IMEでは直前の誤変換を簡単に修正できる機能があります。
直前の誤変換に気が付いたら、[変換]キーを押します。するとその直前に確定した文字が変換状態に戻って、ふたたび変換候補から正しい文字を選べるようになります。
ただしこの機能は直前1回の変換にしか対応していません。

ひらがなと半角英数字が混在する文章を楽に入力したい

日本語の文章の途中に英語が混じる文章って案外多いかと思います。そのまま入力していけば、英語の部分も全角になってしまうので、まず日本語の部分を確定し、半角に切り替えて英語入力し、また日本語の文章に戻ったときに、全角に戻すというような操作をしていませんか?

もし混じる英語の先頭文字が大文字であれば、MS-IMEでは[Shift]キーを押しながら入力するとそこから大文字半角英字を入力できます。そして[Shift]キーから指を離すと以降小文字半角英字をそのまま入力し続けることができます。
日本語の入力に戻したいときは、[Shit]キーをもう一回押すか、 入力した英字を確定させます。

変換候補が多いときに楽に選択したい

日本語には読みが同じだけれど、漢字が違う言葉が多いですね。特に人名はひとつの読みに対していろいろな漢字があてられています。

通常、読みを入力してスペースキーを一回押すと、変換候補が現れますが、10個以上の変換候補がある場合、最初の9個しか表示されません。その9個の中に変換した単語がなければ、スペースキーで候補を先に進めていくことになるため、何度もスペースキーを押さなければならないことになってしまいます。

MS-IMEでは候補リスト画面で[Tab]キーを押すと候補一覧を一度に最大4列(36候補)表示することができます。

たとえば「剛士」さんの名前を入力したいとき、一覧表示ができると楽になりますね。

なお、「Windows 10 May 2020 Update(バージョン 2004)」からは1列目の最終候補にフォーカスがあたると自動的最大4列の候補一覧が表示されるようになります。

ローマ字入力で小さいかな文字だけ入力したい

小さいかな文字(「ぁ」「ぃ」「ゃ」「ゅ」「ょ」など)だけを入力したいことありませんか?
さてどうやって入力しましょう?
「ちゃんと」のように小さいカナが含まれる単語で入力して、不要な部分を削除しましょうか?

MS-IMEでは、xまたはlをつけることで入力することができます。
xyaやlyaと入力すると「ゃ」になります。

入力履歴は消したい、記録されたくない

複数人で一つのPCを使っているときなど、プライバシーの問題などで、ほかの人に自分の入力した履歴を見られたくない場合があるかと思います。

MS-IMEでは、入力履歴を削除する機能、入力履歴を保存しない設定にする機能があります。

入力履歴は以下の手順で削除します。

タスクバーの「あ」アイコンにマウスカーソルを合わせて右クリックします。
表示されたメニューから「設定」をクリックします。
「Microsoft IME」画面の「学習と辞書」をクリックします 。
「学習と辞書」画面の「入力履歴の消去」をクリックします。
確認画面が表示されますので、「OK」をクリックします。

これでそれまで入力した履歴が削除されます。

今後履歴が保存されないように設定するにはプライベートモードを有効にします。

先ほどのメニューの「プライベートモード(オフ)」にマウスカーソルをあわせます。
有効/無効が表示されます。「有効」をクリックして有効にします。
「あ」アイコンが錠前がついたアイコンに変わります。

これでプライベートモードが有効になりました。

最後に

今回はMS-IMEで便利に入力するための機能をご紹介しました。
普段何気なくMS-IMEを使っていらっしゃる方も多いかと思います。

このような小技の効いた便利機能を使って、より楽に使いこなしてみるというのはいかがでしょうか。

拡大鏡を使って見えずらい画面を拡大しよう!

webページをみている時に文字が小さくてみにくいな…
なんてことありませんか?
そんな時使えるのが、拡大鏡の機能です。
虫眼鏡のように、文字を拡大して表示することができます。

拡大鏡の表示方法

ショートカットキーで、 「Windows」キー + 「+」キーを押すと表示できます。

拡大鏡を終了したいときは、 「Windows」キー + 「ESC」キーを押すと、操作パネルが消えます。

拡大範囲の変更方法

拡大鏡ビューは、3種類あります。
ビューによって「拡大鏡」を起動したときの動作が異なります。
また、拡大鏡を合わせる拡大ポイントとしてマウスポインター、キーボードフォーカス、テキストカーソル、ナレーターカーソルを指定することができます。
ご自身の使いやすいビューと好みの拡大ポイントを組み合わせて設定してみてください!

固定

画面上部に拡大鏡のウィンドウが表示されます。
拡大ポイントに合わせた、拡大表示がウィンドウ内で表示されます。

全画面表示

拡大ポイントを基準点として、画面全体が拡大表示されます。
ディスプレイ内に収まらない部分は、マウスポインターを移動すると画面も移動します。

レンズ

マウスポインターの周囲のみ拡大表示されます。
マウスポインターを移動すると、レンズも移動します。
レンズサイズを変更することもできます。

操作方法

「スタート」ボタンをクリックして、スタートメニューから「設定」ボタンをクリックします。

設定画面から、「簡単設定」をクリックします。

画面左側の「拡大鏡」をクリックします。
画面右側をスクロールして、「拡大鏡ビューの変更」項目へ移動します。

「ビューを選んでください」をクリックして、表示された項目の中から好みの画面設定を選択します。

固定と全画面表示の設定は、「拡大鏡を合わせる」で拡大ポイントを選択できます。

レンズ設定のレンズサイズは「レンズサイズの変更」で変更できます。

検索エンジンの変更方法

Windows10に標準搭載されている、Edgeですが、Microsoftのbingという検索エンジンがデフォルトで利用されるようになっています。

デフォルトのbingではなくて、GoogleやYahoo!など、別の検索エンジンを使いたい!という方に、検索エンジンを変更する方法をご紹介します。

設定方法

画面右上の「…」アイコンをクリックし、「設定」をクリックします。

設定項目の中から、「プライバシー、検索、サービス」をクリックします。
画面右側の「アドレスバーと検索」をクリックします。

「アドレスバーで使用する検索エンジン」の横のプルダウンメニューをクリックします。
表示された検索エンジンの一覧の中から、選択します。
今回は、「Google」で設定してみます。

変更後はアドレスバーからのGoogle検索が可能になります。
アドレスバーにキーワードを入力し、「Enter」キーを押します。検索結果がGoogleで表示されます。

起動ページを変更

初期状態だと起動時に、Edge独自のスタートページが開く設定になっています。
ここでは、EdgeのホームページをYahooやGoogleのページに変更する方法をご紹介します。

同じように、 画面右上の「…」アイコンをクリックし、「設定」をクリックします。
設定項目の中から、「 起動時」をクリックします。
「特定のページを開く」にチェックを入れ、「新しいページを追加してください」をクリックします。

表示したいページのURLを入力します。今回も、Googleで設定します。
「追加」をクリックします。

起動時のページがGoogleに設定できました。設定画面を閉じます。

再度、Edgeを起動すると、Googleのページで表示されます。

同じように、Yahooや、 ご自身の好きなページを設定することができます。

無料で使えるMicrosoft Officeソフト One Noteについて⑤

無料で使える、Microsoft Officeソフト「OneNote」の紹介5回目です。

前回の記事はこちら

4回に渡って、One Noteの基本的な機能について紹介してきましたが、今回はOne Noteに備わっている応用的な機能を紹介します。

One Noteの紹介は今回で最後となります、仕事や仲間内での利用から、日記やメモ代わりなど一人でも利用出来る便利なソフトになっていますので、この記事で興味を持った方はぜひ使ってみてください。

録音機能

録音した内容を、ボイスメモとしてノート内に残す事が出来ます。

(録音機能の利用には、マイクがパソコンに内蔵されているか、外付型のマイクがパソコンに接続されている必要があります。)

録音機能の使い方

①メニューバーから「挿入」をクリックします。

②表示されたメニューから「オーディオ」をクリックします。



すぐに録音が始まり、「ヘルプ」の横に「録音中……」と表示されます。



録音を終える時は「停止」をクリックしましょう。



OCR機能

「OCR機能」とは、画像に含まれる文字を認識し、パソコンに抽出する事の出来る機能の事です。

One NoteはこのOCR機能にも対応しているので、写真に含まれている文字を簡単にパソコンへ取り込む事が出来ます。

OCR機能の使い方

①対象の画像を右クリックします。

②メニューから「画像からテキストをコピー」を選択します。



あとは「Ctrl + V」でコピーされた文字を貼り付けできますよ。

テキストをコピー出来るまでには時間がかかります、 One Noteに画像を貼り付けてからすぐはコピー出来ないので注意しましょう。

また、画像によっては文字を読み取る事が出来ない事があります。

チェックリストの作成

One Noteでは、チェックリストを簡単に作成する事が出来ます。

お買い物リストやToDoリストを作成するときに便利ですよ。

チェックリストの作り方

①メニューバーから「ホーム」を選択します。

②チェックリストにしたいテキストを選択します。

③ホームメニューの中からチェックボックスのアイコンをクリックします。





選んだテキストがチェックリストになりました!

勿論チェックボックスをクリックしてチェックを入れる事も出来ます。



ノートブックを共有する

One Note最大の特徴が、作成したノートブックを簡単に共有出来るという事です。

更に、共有したノートブックの更新内容はオンラインで反映されるので

複数人でノートブックの内容を書き換えていくという使い方が出来ます。

ノートブックを共有する方法

①右上のメニューから「共有」をクリックします。

②ノートブックを共有したい相手のメールアドレスを入力します

③共有相手もノートブックを編集できる「編集可能」か、ノートブックの閲覧のみが出来る「表示可能」を選択します。




「共有」ボタンを押すと、メールで 相手にノートブックへの招待状が送られます。

ちなみに、One NoteはiPhone・Androidのアプリでも公開されているので、スマホから利用する事も出来ますよ!