人気のパソコンメガネについて

パソコンやスマートフォンの使用率が上がってくるに伴い、この数年で各ブランドからブルーライトカットの効果があるPCメガネ(パソコンメガネ)が数多く発売されるようになりました。

ただ、PCメガネがなんとなく良いものだとわかっていても、実際どのような効果を生むものなのか具体的にはわからないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、ブルーライトとPCメガネの基本情報編をお届けしたいと思います。

 

ブルーライトが及ぼす悪影響とは?

ブルーライトとは、パソコンやスマートフォンなどのLED液晶から発せられる強力な青色光のことを指します。
紫外線と波長が近い380~500ナノメートルの光で、可視光線の中では最もエネルギーが強く、網膜にまで到達するほど強力なんです!

67d5cc7c60a6880d1eb158c8dbf2bb23
(参照:http://www.zoff.co.jp/sp/zoffpc/bluelight/

エネルギーが強く、目の奥で散乱しやすいため、長時間デジタル機器を使用すると視界のチラつきや眩しさを感じさせる原因のひとつになると言われています。

このままブルーライトを浴び続けると思うと目の将来が非常に不安ですね。 そこで活躍すると言われているのが今回取り上げるPCメガネなのです。

 

パソコンメガネの役割とは?

ブルーライトを遮断し、直接目に入る光を少なくするのが役割です。
レンズはクリアレンズとうっすら黄色みのかかったレンズがありますが、最近は“いかにもPCメガネ”感の少ないクリアレンズタイプが主流になってきているようです。

ただし、よりブルーライトカット効果が高いのは黄色みのあるレンズなので、スマートフォンやパソコンの使用時間によって変えると良いでしょう。

コメントを残す