Googleフォトが有料化に!?

スマートフォンやデジカメなどで撮った写真と動画を、高画質のまま保存できることで人気だったGoogleフォト。写真などの整理に使用されている方も多いのではないでしょうか。

そんなGoogleフォトですが、無期限ストレージを2021年6月1日から廃止することを発表しました。

今まではアップロードの上限がなかったのですが、2021年6月以降は無料で使用できるのが15GBまでとなり、15GBを超える容量を使用する場合は有料プランに変更する必要があるとのこと。

今までアップロードしたデータはどうなるの…と不安になってしまいますよね。
しかし2021年5月末までにアップロードされた写真と動画に関しては、これまでと同様にアップロード容量には含まれないので、とりあえずは一安心…ですね。

しかし今後のことを考えると早めに対策を考えなければ…って方もいるのではないでしょうか。

そこで今回はGoogleフォトの他のストレージサービスについてご紹介していきます!

なおGoogleフォトについては以前にもまとめているので、気になった方はこちらの記事もご確認ください。

おすすめのストレージサービス

おすすめのストレージサービスをまとめてみました。
なお、Googleフォトでも有料プランにアップグレードすれば、これまで通り使用可能です。

・Googleフォト
 無料サービス:15GB
 有料サービス: 100GB(月額250円)、200GB(月額380円)、他…

・OneDrive
 無料サービス:15GB
 有料サービス:50GB(月額249円)

・Dropbox
 無料サービス:2GB
 有料サービス:1TB(月額1200円)

・Amazon Photos
 無料サービス:5GB
 有料サービス:100GB(年間2400円)、1TB(年間13800円)
 ※Amazonプライムに入会している場合は、写真データは無制限、
  その他の動画ファイルなどは5GBまでアップロード可能です。

・iCloud
 無料サービス:5GB
 有料サービス:20GB(月額100円)、200GB(月額400円)、他…

・MEGA
 無料サービス:50GB
 有料サービス:200GB(月額600円)、1TB(月額1200円)

いずれのストレージサービスも有料プランもありますが、無料で使用できるものとなっています。サービスによって内容も異なりますので、使用前に確認してみてくださいね。

最後に

オンラインストレージサービスには様々な種類があります。
使用するサービスによってメリット・デメリットがあるので使用用途にあったサービスを探してみましょう。