セキュリティに対する知識と姿勢

こんにちわ、JEMTCです。

コロナ禍の中大勢の方が譲渡会に来ていただいております。

その中でもたまに来る方のお話を元にセキュリティについて知識を書き綴っていきます。

1:Windows○○を使っているんですけど・・

来場者さんの中には、Windows7を使っている・・VISTAを・・XPを使って・・・
という方がかなりおられます。
Windows7はともかくVISTA・XPでネット使っている。という声をまだ沢山いただきます。

みなさん、なんとなくサポートが切れている。という認識はありますが
サポート切れとは一体どういうことなのか?という認識が無い人もいます。
よくウイルスバスター入れてるから平気!という声もいただきますが・・・

全く意味が無い。という事を覚えてください。

そもそもウイルスバスターなどのソフトもサポート切れしているんです。
さらに、セキュリティソフトはWindowsというOSが最新バージョンで威力を発揮します。
OSにはセキュリティの致命的なバグや抜け道が沢山あります。

これを取り除いたり修復したりするのがWindows Updateです。
この致命的なバグや抜け道から侵入されてしまいます。
侵入・攻撃に対してウイルスセキュリティは動きません。

あれは、あっちの管轄だから、僕たち関係ないです。侵入されたら仕事しまーす
と、こういう状態になります。
最悪、入られている事を知りませんでした。攻撃されてるのに気が付きませんでした。となります。

サポート切れのOSに対してセキュリティソフトはあまりにも無力です。
そして、侵入されたパソコンから世界へ向けて攻撃を始めます。
メールのアドレス帳から友人へ。その友人からその人の友人へ拡大していきます。

大切なデータや大切な友人を守るためにもサポートがなくなったOSのネット利用はやめましょう。

2:逮捕者が出たこともある。

だいぶ昔ですが、セキュリティの抜け道を使って日本政府のサーバーを攻撃するサイバーテロが起こりました。
警視庁はただちに調査し日本人男性を逮捕。家宅捜索され、パソコン等も押収されました。
しかし、本人はそのような事を行っておらず、後にパソコンをハッキングされ攻撃拠点にされたとわかりました。

誤認逮捕ではありますが、セキュリティ対策もせず古いOSを使っていたので自業自得。という見解もあります。

自分は大丈夫・・と思わず対策をしておいて損は無いということですね。

現在、サポートされているOSはWindows8.1とWindows10だけになります。
事情などもあるとは思いますが、サポートのなくなったOSを使っている人で
インターネットをしたい人は買い替えや、サポートのあるOSへのアップグレード等をおすすめします。

次回は、ウイルスの知識について載せていこうと思います。