Microsoft IMEの便利機能を使って楽に日本語を入力しよう

パソコンを使うときに一番使っているソフトウェアといえばなんでしょう?
ブラウザでしょうか?ワープロや表計算でしょうか?
たぶんきっと、日本語を入力するソフトウェアではないでしょうか。

Microsoft IMEとは?

Windows10に標準で搭載されている日本語を入力するソフトウェアは「Microsoft IME」(以下MS-IME)といいます。

IME(あいえむいーと読みます)とは、「Input Method Editor」(入力方式エディター)の略で、コンピュータに日本語を入力するためのソフトウェアのことです。

IMEを使うことで、キーボードから入力した文字を、カナ漢字交じりの日本語の文章とすることができるようになるわけです。

MS-IME以外にも、Googleが提供している「Google 日本語入力 」やジャストシステムが提供している「ATOK」などがあります。

MS-IMEには楽に日本語を入力できるいろいろな機能があります

MS-IMEには日本語を楽に入力するためのいろいろな便利な機能があります。
今回はそれらの便利な機能を紹介していきたいと思います

日付や時刻を楽に入力したい

日付や時刻を入力するときに数字で打たなくても入力できる機能があります。

MS-IMEでは、今日の日付を入力したいときは「きょう」と入力するか、「にちようび」というように今日の曜日を入力すると、今日の日付が候補として表示されます。
また「いま」と入力すると、現在時刻が候補として表示されます。

このように「きのう」「あした」や「どようび」「げつようび」のような日付に関連する言葉を入力すると、それに対応する日付が候補として表示されます。

和暦を楽に入力したい

例えば2010年を和暦で入力したい場合、過去のカレンダーで和暦を確認してから入力している方もいらっしゃると思います。

MS-IMEでは「2010ねん」と入力すれば、その年の和暦や干支が候補として表示されます。ちなみに2010年は平成22年で寅年であることがわかります。

ただし、和暦を西暦に変換することはまだできないようです。

住所を楽に入力したい

住所を入力したい場合、すべて日本語で入力している方もいらっしゃると思います。

MS-IMEでは入力したい住所の郵便番号を入力すれば、その住所が候補として表示されます。また、その逆に住所を郵便番号に変換することもできます。

私どもJEMTCを例としますと、所在地は〒461-0011 愛知県名古屋市東区白壁です。この住所を入力したい場合、わざわざ「愛知県名古屋市東区白壁」と入力しなくても、「461-0011」と入力すれば「愛知県名古屋市東区白壁」が候補として表示されます(「4610011」ではなくハイフンつきの「461-0011」と入力します)

また「愛知県名古屋市東区白壁」と入力して、マウスでその文字列を選択してから[変換]キーを押す、または右クリックメニューの[再変換]をクリックすると、再変換の状態となり、その変換候補として郵便番号が表示されます。

読みのわからない漢字を楽に入力したい

読みがわからない漢字はどうやって入力していますか?

MS-IMEではマウス操作で漢字を書いて入力することができる「IMEパッド」という機能があります。

タスクバーの「あ」または「A」アイコンを右クリックして表示されるメニューから「IMEパッド」を選択します。「IMEパッド 手書き」画面が表示されます。その画面の「ここにマウスで文字を描いてください」というところでマウスの左ボタンを押したまま動かすとそこに線が描かれますので、知りたい漢字をマウスで描きます。
そうすると、その右側に漢字の候補が表示されますので入力したい漢字をマウスでクリックすると、その選択された漢字が入力されます。

タスクバーの「あ」アイコンにマウスカーソルを合わせて右クリックします 。
表示されたメニューの「IMEパッド」をクリックします。
ここにマウスを使って文字を描きます。
「鯲」は「どじょう」と読むことがわかりました。

候補が表示されないときは「認識」をクリックして、候補を表示させましょう。

誤変換を楽に修正したい

変換したときに違う同音異義語で確定してしまった場合、どのように修正していますか?
いったんすべて削除して、再度入力して変換していますか?

MS-IMEでは直前の誤変換を簡単に修正できる機能があります。
直前の誤変換に気が付いたら、[変換]キーを押します。するとその直前に確定した文字が変換状態に戻って、ふたたび変換候補から正しい文字を選べるようになります。
ただしこの機能は直前1回の変換にしか対応していません。

ひらがなと半角英数字が混在する文章を楽に入力したい

日本語の文章の途中に英語が混じる文章って案外多いかと思います。そのまま入力していけば、英語の部分も全角になってしまうので、まず日本語の部分を確定し、半角に切り替えて英語入力し、また日本語の文章に戻ったときに、全角に戻すというような操作をしていませんか?

もし混じる英語の先頭文字が大文字であれば、MS-IMEでは[Shift]キーを押しながら入力するとそこから大文字半角英字を入力できます。そして[Shift]キーから指を離すと以降小文字半角英字をそのまま入力し続けることができます。
日本語の入力に戻したいときは、[Shit]キーをもう一回押すか、 入力した英字を確定させます。

変換候補が多いときに楽に選択したい

日本語には読みが同じだけれど、漢字が違う言葉が多いですね。特に人名はひとつの読みに対していろいろな漢字があてられています。

通常、読みを入力してスペースキーを一回押すと、変換候補が現れますが、10個以上の変換候補がある場合、最初の9個しか表示されません。その9個の中に変換した単語がなければ、スペースキーで候補を先に進めていくことになるため、何度もスペースキーを押さなければならないことになってしまいます。

MS-IMEでは候補リスト画面で[Tab]キーを押すと候補一覧を一度に最大4列(36候補)表示することができます。

たとえば「剛士」さんの名前を入力したいとき、一覧表示ができると楽になりますね。

なお、「Windows 10 May 2020 Update(バージョン 2004)」からは1列目の最終候補にフォーカスがあたると自動的最大4列の候補一覧が表示されるようになります。

ローマ字入力で小さいかな文字だけ入力したい

小さいかな文字(「ぁ」「ぃ」「ゃ」「ゅ」「ょ」など)だけを入力したいことありませんか?
さてどうやって入力しましょう?
「ちゃんと」のように小さいカナが含まれる単語で入力して、不要な部分を削除しましょうか?

MS-IMEでは、xまたはlをつけることで入力することができます。
xyaやlyaと入力すると「ゃ」になります。

入力履歴は消したい、記録されたくない

複数人で一つのPCを使っているときなど、プライバシーの問題などで、ほかの人に自分の入力した履歴を見られたくない場合があるかと思います。

MS-IMEでは、入力履歴を削除する機能、入力履歴を保存しない設定にする機能があります。

入力履歴は以下の手順で削除します。

タスクバーの「あ」アイコンにマウスカーソルを合わせて右クリックします。
表示されたメニューから「設定」をクリックします。
「Microsoft IME」画面の「学習と辞書」をクリックします 。
「学習と辞書」画面の「入力履歴の消去」をクリックします。
確認画面が表示されますので、「OK」をクリックします。

これでそれまで入力した履歴が削除されます。

今後履歴が保存されないように設定するにはプライベートモードを有効にします。

先ほどのメニューの「プライベートモード(オフ)」にマウスカーソルをあわせます。
有効/無効が表示されます。「有効」をクリックして有効にします。
「あ」アイコンが錠前がついたアイコンに変わります。

これでプライベートモードが有効になりました。

最後に

今回はMS-IMEで便利に入力するための機能をご紹介しました。
普段何気なくMS-IMEを使っていらっしゃる方も多いかと思います。

このような小技の効いた便利機能を使って、より楽に使いこなしてみるというのはいかがでしょうか。

ステイホームで趣味を広げよう!ペイント3Dでお絵描きに挑戦!1

Windowsには標準で「ペイント3D」と言うお絵描きアプリが搭載されています。こちらは「ペイント」とは異なり3Dで立体的に対象を描いたり、文字を入力することができるアプリです。もちろん従来のペイントと同様に2Dで(平面的に)お絵描きすることも可能です。

ステイホームで以前よりもお家時間が増えた方が多いのではないでしょうか?これを機に、新しい趣味を開拓してみませんか?普段は紙に絵を描いている方も、ぜひデジタルイラストに挑戦してみてくださいね。

※「ペイント3Dでお絵描きに挑戦!」は画像量が多いため、2回に分けての掲載を予定しています。①ではアプリの立ち上げ、作成画面の開き方、機能(前半)についてご説明します。
 

ペイント3Dを起動しよう!

スタートメニューのアプリ一覧から「ペイント3D」を探しましょう。
アプリは五十音順に並んでいるため、「は」行(あるいは「ぺ」行)から
見つけることができます。

***

起動時の画面はこのようになっています。
まずは「新規作成」をクリックして描画画面を開きましょう。

***

描画画面が開きました。この画面でお絵描きを楽しむことができます。



 

お絵描きを始める前に:各アイコンの説明(前半)

ペイント3Dにはたくさんのアイコン(機能)が存在します。
分からない機能は、この項目でしっかり予習しておきましょう。
 

ブラシ

ブラシのアイコンをクリックすると、ブラシ関連のメニューが表示されます。

 

● ブラシ一覧
様々な質感のペンを選ぶことができます。

マーカーカリグラフィペン油彩ブラシ水彩画ピクセルペン
鉛筆消しゴムクレヨンスプレー缶塗りつぶし

 

● ブラシの調整
ブラシの太さや不透明度を調節できます。

・太さ
ブラシの太さを調整できます。
ゲージを左右にドラッグ、
あるいは値を入力することで
ブラシの太い・細いを変更できます。

・不透明度
ブラシの不透明度を調整できます。
ゲージを左右にドラッグ、
あるいは値を入力することで
不透明度を変更できます。

上のサンプル画像ではブルーの線を引いていますが、
左側は100%のまま、右側は20%まで数値を落としています。
数値を下げるほど透け感が強い描写になるため、
塗り重ねでグラデーションを作りたい時に
活用すると良いでしょう。
 
 

● その他の調整
色の変更やテクスチャの変更ができます。
「素材の選択」、「スポイト」、「パレット」の種類があります。

 

・素材の選択
クリックすると「つや消し」「光沢」「くすんだ金属」「磨かれた金属」のメニューが表示されます。このいずれかを選択した上で3D図形に着色すると、図形に独特な質感が付与されます。

各素材で塗ったサンプル画像

 

・スポイト
ワークスペース内から任意の色を吸い出すことができます。
スポイトボタンをクリックするとカーソルが円形に変化します。その状態で吸い出したい色の部分をクリックしましょう。

 

・パレット
基本的な18色があらかじめセットされています。
セットされた色の中に使いたい色がない場合は、パレットの下にある「」をクリックしましょう。「新しい色の選択」が表示され、そこから任意の色を選ぶことができます。(色の選択は長方形の虹色ゲージで、色の明暗の調整は虹色ゲージのすぐ上にある大きな正方形のゲージから行うことができます。)

 

2D図形

2D図形のアイコンをクリックすると、平面的な2D図形関連のメニューが表示されます。

 

● 直線と曲線

3点曲線4点曲線5点曲線

 

● 2D図形

カプセル正方形角丸正方形三角形
五角形六角形ひし形直角三角形矢印
矢印星:5端 星:6端 星:4端
複数ポイント
の星型
吹き出し考えの吹き出し十字型チェックマーク
バナー稲妻ハート形

 

3D図形

2D図形のアイコンをクリックすると、平面的な2D図形関連のメニューが表示されます。

 

● 3Dで落書き
手書きで好きな形の図形を作ることができます。

チューブ丸みをつけて立体化角をつけて立体化

 

上のサンプル画像はいずれも一筆書きで「」(まる)を描いたサンプル画像になります。

違いが分かりやすいよう、それぞれの図形を斜めの角度に回転させて撮影しています。すべて同じ形を描きましたが、「チューブブラシ」は自転車のタイヤのように、「丸みをつけて立体化」は玉石のように、「角をつけて立体化」は円柱として3D化(立体化)されました。とても面白いですね。

 

● 3Dオブジェクト
用意されたテンプレートから正確な図形を簡単に作ることができます。

立方体半球円錐円錐形
円柱チューブカプセル湾曲した円筒ドーナツ

 

● 3Dモデル
用意されたテンプレートから生き物を簡単に作ることができます。

男性女性

 

ステッカー

ステッカーのアイコンをクリックすると、ステッカーなど装飾関連のメニューが表示されます。

 

● ステッカー

登録されたステッカーで、図形を装飾することができます。
絵が得意ではない方でも、ステッカーをうまく活用することでワンランク上の絵に仕上げることができます。

下のサンプル画像では、犬の3D図形に2種類 計3つのステッカーを貼り付けて顔を作っています。顔の作成時間は実に10秒、とても便利なアイテムですね。

 

● テクスチャ

背景に挿し込めるテクスチャを選択することができます。
背景に挿し込む以外に、3D図形や3Dモデルに貼るという活用方法もあります。

下のサンプル画像では、木目のテクスチャを猫の3Dモデルに貼ることで、まるで木彫りの猫のような雰囲気を演出しています。

 

●独自のステッカーの選択

自身のお好みの画像をステッカーとして使用することができます。
「+ ステッカーを追加する」をクリックし、PC内にある画像を選んで挿入してください。

 

次回へ続く

「ペイント3Dでお絵描きに挑戦!」 ①は一旦ここで終了とさせていただきます。②では機能紹介の後半、そしてお絵描き実践編に入ります。

どうぞお楽しみに!

マイクロソフトのオンラインサービスを便利に使うために…取得しておこう『Microsoft アカウント』

現在は大部分の方が、パソコンはWindows10を使用していることと思います。

シンプルで洗練された画面に、これまでのWindowsを踏襲した操作感で、Windowsユーザーにとってとても使いやすく仕上がっています。

今後リリースが決まっているWindows11も、Windows10の流れをくむ画面デザインとなっています。Windows10に慣れ親しんだユーザーにとっては嬉しいニュースですね。

そんなWindows10向けのアプリやサービスには、オンライン専用のものがいくつかあります。

オンラインアプリやサービスを利用するには、自身がWindowsのユーザーであることを証明しなくてはなりません。

その自身を証明する会員証のようなものが『Microsoft アカウント』です。

今回は『Microsoft アカウント』の取得方法と、『Microsoft アカウント』で使用できるWindows10のアプリやサービスをご紹介します。

『Microsoft アカウント』は会員証

オンラインアプリやサービスを使用するには、まずは『Microsoft アカウント』のIDとパスワードをWindowsに入力します。

会員証を提示して自身がオンラインで使用しているデータをマイクロソフト社から取得するということです。

ネットショッピングのAmazonなどでIDやパスワードを入力すると、クレジットの情報や購入履歴が記録されているのと同じことですね。

『Microsoft アカウント』の取得方法

『Microsoft アカウント』の取得はとても簡単です。

マイクロソフトのホームページで、『Microsoft アカウント』で使用したいメールアドレスと、パスワードを設定するだけ。

パスワードも、自身で自由に決められます。

手順は下記でご案内します。

まずはインターネットで account.microsoft.com へ移動します。

URLを打つのが面倒な場合は『Microsoft アカウント』で検索しましょう。

開いたマイクロソフトのホームページで、「Microsoftアカウントを作成」をクリックします。

「サインイン」の右「Microsoftアカウントを作成」をクリックします。

メールアドレスと任意のパスワードをそれぞれ登録しましょう。

アカウントで使用したいメールアドレスを入力します。
続けて任意のパスワードを入力します。

アカウントの作成が完了しました。

アカウントの取得が完了しました。さっそくサービスを利用しましょう。

これでさまざまなWindows10のオンラインアプリ・サービスを利用できるようになります。

登録に使用したメールアドレスとパスワードは忘れないように手元に記録しておきましょう。

『Microsoft アカウント』で利用できるアプリやサービス

『Microsoft アカウント』を取得することで、Windows10の使用用途がぐっと広がります。

オンラインアプリやサービスの中には有料のものもありますが、多くが無料で利用できます。

今回のブログではJEMTCがお勧めする無料のオンラインアプリやサービスをご紹介します。

メールサービス『Outlook』

『Outlook』とはマイクロソフト社が提供するフリーメールサービスです。

『Outlook』もアカウントの取得はとても簡単です。

こちらも『Microsoft アカウント』のときと同様で、マイクロソフトのホームページでメールアドレスとパスワードを入力するだけです。

アカウントの作成はこちらのURLから

または『Outlook』で検索しましょう。

『Outlook』は無料で使用できて、Microsoft Office に同梱される有料版と比べても、広告が表示されること以外には、そん色ない使い心地です。

フリーメールは複数のアカウントを所有できるので、お仕事用。お買い物用などに分けて使えるのも魅力です。

オンラインストレージ『OneDrive』

マイクロソフト社が提供するオンラインストレージサービスが『OneDrive』です。

『OneDrive』では有料プランもありますが、無料で使用できるのは5ギガまで。

ライバルとなる「Google Drive」(Google社が提供するオンラインストレージ)の無料プランが容量15ギガ。

それを考えると少々見劣りがしますが、15ギガと言えば、一般的な写真を2メガとすると2,500枚も保存できる計算になります。

『Outlook』などとアカウントを共有できる点を考えると、「これで十分!」とも言えます。

『OneDrive』の利用を始めるには、まずこちらへアクセス。

または『OneDrive』で検索してください。

デジタルノート『OneNote』

『OneNote』とはパソコン画面をノートに見立ててメモを書き記したり写真を貼ったりすことができるノートアプリです。

あまり耳慣れないアプリかと思いますが、まるで本物のノートのような使い心地のアプリです。

『OneNote』のすごいところは自由な位置に書き込めること。また本物のノートのようにページをめくる感覚でデータを管理します。

『OneNote』のことは、JEMTC発行のパソコン雑誌『趣味のPC』のバックナンバーにて詳しく取り上げています。気になる方は下記をチェック!

『趣味のPC』2019年8月号

『趣味のPC』2019年9月号

『OneNote』はインストール型のアプリですが、データは『OneDrive』に管理されます。

『OneDrive』に管理されたデータは、『Microsoft アカウント』を使うことで閲覧・編集ができます。

『OneNote』のダウンロードはこちらから。

または『OneNote』で検索!

アプリストア『Microsoft Store』

最後にご紹介するのは、マイクロソフト社のアプリストア『Microsoft Store』です。

配信されているアプリはゲーム・健康・学習などジャンル多彩!

無料のアプリもたくさん配信されているので、欲しいものを見つけてダウンロードしましょう。
※アプリのダウンロードはあくまでも自己責任でお願いします。

『Microsoft Store』からアプリを入手するときにも『Microsoft アカウント』を使用します。

ここまで、『Microsoft アカウント』で利用できる無料サービス・アプリをいくつかご紹介してきました。

『Microsoft アカウント』を持っていると、Windows10のさまざまなオンラインサービスを使えて、パソコンの用途が広がることがわかりますね。

『Microsoft アカウント』で端末を越えてデータを共有

はじめにお伝えしたように、『Microsoft アカウント』は会員証の役割を果たします。

ひとつの会員証でパソコンやスマホなど、複数の端末からログインし、同じデータを共有できます。

今回ご紹介した、メールやクラウド、ノートアプリは、複数の端末で共有できるととても便利。好きな場所から好きなときにメールを確認したり、データをチェックすることができます。

最後に

フリーメールやLINEアプリなど、オンラインでのサービスが当たり前のように普及している現在、私たちは意識することなくそのサービスを利用しています。

情報の漏洩なども心配される中、それらオンラインサービスを安全に利用できているのは『アカウント』で管理されているからです。

マイクロソフト社が管理する『Microsoft アカウント』は、安全性も高く、安心して使用することができます。

『Microsoft アカウント』がまだの方は、ぜひ取得してさまざまなサービスでパソコンをもっと便利に使いましょう。

ルールを決めてフォルダとファイルを綺麗に整理しよう!

「 ファイルが多すぎて目的のファイルが見つからない!」「どのフォルダに入れたのか行方不明に…」そんな悩みをかかえる方も多いのではないでしょうか。
フォルダとファイル管理のポイントを押さえて、効率的な作業を目指しましょう。

ファイル・フォルダ名のルール付けを明確にする

統一感のある名前にしよう

ファルダ・ファイルを管理する際には、簡潔に分かりやすい名前を表記することが大切です。
統一したルールを作り、ファイル名を見れば何のファイルかが分かるようにしましょう。

ファイル名の頭に「日付」をつけることで、いつのデータなのかすぐに判断することができます。
例えば、案件ごとにフォルダを分ける際などに使えますね。

 

ルールを決める際のポイント

  • ファイルの種類を日本語、英語、アルファベットのどれで付けるか決める
  • つなぎの記号を決める
    「 _ 」、「・」、「 」 (半角スペース)など
  • 日付の書き方を8ケタにするか6ケタにするか決める

必要に応じて、フォルダの先頭に2桁の連番を入れる

フォルダやファイルを順番に並べたいときは、名前の先頭に2桁の整理番号を振る方法があります。

例)
01.企画書
02.スケジュール表
03.画像関連
04.結果報告

フォルダ名やファイル名は、一般的に「数字(昇順)」→「英語(アルファベット順)」「ひらがな・カタカナ(あいうえお順)」「漢字(読みのあいうえお順)」の順番にソートされて並びますので、こうすることで数字の順番にフォルダをそろえることができます。

紛らわしい名前は避ける

例えば、以下の2つのフォルダを作成したとしましょう。

会議資料 フォルダ
プロジェクトX フォルダ

もし、「プロジェクトX」の会議資料を作成した場合に、どちらのフォルダに入れればよいのか分かりづらくなってしまいます。
後から見たときに、一目でわかるよう明確な振り分けルールを作るようにしましょう。

よく使用するファイルは目につく場所へ

ショートカットを作成する

よく使うファイルは、すぐにアクセスできるようショートカットを作成してデスクトップに置いておくと便利です。

ショートカットの作成方法は、下記サイトからご確認ください。

デスクトップにショートカットを作成する方法 | 【JEMTC】パソコンレッスン動画~もっと便利に困ったときに (jemtc-study.net)

クイックアクセスを利用しよう

エクスプローラーの「クイックアクセス」を利用すれば、目的のフォルダにすぐアクセスすることができます。

追加方法:
①追加したいフォルダを選択して右クリック
②「クイックアクセスにピン留めする」を左クリックして選択します。

③クイックアクセスの項目に追加されました。
 追加された項目の横にはピンマークが表示されます。

フォルダ階層を深くしない

分類をきっちりしようとすると、フォルダの階層を作りすぎてしまってませんか?
階層が深くなると探しづらくなるため、アクセスする手間が増えてしまいます。
3~4クリックまでを目安に作成してみましょう。

不要になったファイルを溜め込まない

バックアップを定期的に行う

実質的に利用する機会のない古いファイルがいつまでも残っていると、どうしてもハードディスクの中が雑然とした状態になってしまいます。また、月日が経つほどハードディスクが圧迫されることも問題です。
そこで、USBや外付けのHDD、DVD-Rなどの外部媒体に定期的にバックアップを行うのも大切です。
バックアップが終了したデータは削除することで、ファイルの整理だけでなく、ハードディスクの空き容量も確保できます。

増えたファイルをまとめる

作成したファイルがある程度溜まってきたら、「過去フォルダ」を作成してまとめましょう。
数が増えていくと、ごちゃごちゃして居場所が分かりづらくなります。
年・月単位でまとめると確認がスムーズになります。
なお、これはファイルだけではなく、フォルダが増えてきたときにも行いましょう。

また、期間ごとにフォルダーを分けていれば、該当する期間のフォルダーをまとめて簡単に削除できるので、便利です。ただし、パソコン内からファイルを削除するのは、バックアップが正常にとれていることを確認してからにしましょう。

ファイルの保存期限を決める

保存期間をあらかじめ決めることで、定期的に整理することができます。
削除してしまう前にバックアップを取っておけば、万が一保存期間終了後にファイルが必要になっても、バックアップファイルから復元することができます。

最後に

ついつい先延ばしにしてしまいがちなファイル整理ですが、予め整理しながら作成することで、作業をスムーズに進めることができます。

ファイル管理のポイントを参考にしながら、自分にあった方法を見つけ、実践してみてはいかがでしょうか。