SSDとHDDはどう違うの?

弊協会でも取扱いがあるSSD搭載パソコン。HDDの代わりに搭載している高規格パソコンですが、違いは何でしょうか?

実際の弊協会が全国で開催しております有償譲渡会内でも質問が多いので、こちらにまとめてみました!

パソコンの利用上必須となっている「写真や文章の保存」。

分かりやすく言えば、SSDもHDDもパソコンの写真やデータを収納しておく入れ物のことです。

以前はその入れ物は「HDD」が主流でしたが、近年では「SSD」が搭載されたパソコンも増えてきており、自分の用途に適したパソコンを選ぶにはこれらSSD・HDDの違いを理解することも大切になっています。

でもSSDとはいったい何なの?という方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたにSSDとHDDの違いを分かりやすく解説します。

SSDとは?

SSD(ソリッド・ステート・ドライブの略)は、高速・静か

USBメモリーと同じように内蔵しているメモリーチップにデータの読み書きをする記憶装置

HDDは、金属製のディスクにデータを書き込んでいますが、SSDにはそういった稼動部分がないんです!

SSDは半導体メモリを使用する 記憶装置

HDDとは?

HDD(ハード・ディスク・ドライブの略)は、データを記録する円盤部分が駆動式

データやプログラムなどを電磁的に書き込んだり読み出したりする機械駆動式記憶装置

HDDは データを記録する「プラッタ」と呼ばれる磁性体が塗られた円盤が内蔵している記憶装置

パソコンの処理速度が速いのは?

HDDとSSDでは、パソコンの処理速度に違いが生じます。

SSDは内蔵しているメモリーチップに保存する為、磁気ディスクのHDDと比べて読み書きが速いです。また、パソコンの電源を入れてからOSが起動するまでの時間も短縮されます。加えて、OS以外のアプリケーション(ワードやエクセルなど)の起動や動作もHDDより速いので、全体的にSSD搭載パソコンを使用した方が動作が快適になると言えるでしょう。

記憶容量が大きいのは?

HDDとSSDでは、パソコンの処理速度の他に記憶容量で大きな差が出ます。

HDDは、現在では1TB(テラバイト)以上の大容量タイプの機器も登場しており、容量は大きいけれども安価です。 ※1TB=1000GB
SSDは以前に比べて容量も大きく値段も抑えられてきていますが、128GB~512GBの容量のものが主流の為、 HDDはSSDの約2倍~8倍の容量を持つということになります。

寿命やデータの保存性能が優れているのは?

SSDの内蔵 メモリーチップ は、 データの読み書きを行うたびに半導体素子が劣化してしまうという欠点があるため、SSDの読み書きの回数には限界があります。 SSDが登場した2004年当初は、上記の理由からHDDより寿命が短いことも少なくありませんでした。

しかし今日は技術改良され、 年数にして約5年~10年は使い続けられるようになってきています。HDDの寿命が約3年~4年といわれているため、寿命はSSDの方がHDDより優れているといえるでしょう。

その一方で、長期間のデータ保存はHDDが適しています。SSDをはじめとする内蔵 メモリーチップ は、長期間放置していると自然放電によりデータが消失してしまう可能性があるためです。データを長期間保存しておきたい場合は、HDDを使用した方が安全です。

まとめ

パソコンの快適な動作や読み書きの速さよりも、値段や容量の大きさを重視したいという方向けの方がHDD。

そして、パソコンに負担の大きいアプリケーションソフトを使うことが多く、値段が高くてもパソコンの動作を快適にしたい方や、データの読み書きを高速で行いたい方向けなのがSSD。

比較表を作ってみました。参考にして下さい!

HDDとSSDのどちらが優れているとの見方ではなく、それぞれの特徴を踏まえた上でどちらが自分がやりたいことに合っているか、見極めながら選ぶようにしましょう!

「サイズが大きなファイルを送りたい場合はどうしたら良いの?」

メールのやり取りをされる際、サイズが大きいファイルのやり取りをしたいと思ったことはありませんか?
ちなみに私の場合は、最近スマホで撮った約3分程の動画を送りたく、何度も通常のやり方で試みましたが、重すぎて何度もエラー。。
そこで以前やり取りしていた便利なサービスを思い出しました!!
その名も「ギガファイル便」です。

そこで以下、便利な使い方などご紹介したいと思います。

●ギガファイル便とは

ユーザー登録不要で即使える、簡単無料の大容量ファイル転送サービスです。容量無制限(但し1ファイル100Gまで)のファイル転送が行えます。ファイルはアップロード後、最大30日間まで保持出来ます。また、保持期間は7日、14日、21日と選べますがセキュリティー面を考えると7日設定が良いでしょう。

メリット

大容量のファイルを共有出来ることです。100Gまで対応可能なのは、このギガファイル便くらいです。
例えば、「動画ファイル」、「大量の画像ファイル」、「Illustratorのデータ」など、まとめて共有することが可能です。
また、セキュリティ面でも優れていてパスワードで認証することも可能です。
最後に、とてもシンプルで使い方が簡単です。
煩わしいパスワード設定も不要で、逐一ログインする必要もありません。
パソコンや電子機器など、使い慣れていない方でも直感的に操作しやすいシンプル設計になっています。

使い方

まずは、インターネットエクスプローラーを開くと弊協会の検索エッジが出ます(https://forincs.com/)ので、検索欄にて「ギガファイル便」と入力しアクセスしましょう。
URLはこちらです→ https://gigafile.nu/ 


アクセス後、どんと一番上に絵が登場し、その後下にスクロールしていくと実際にファイルを貼るアップロード画面に移ります。

「ここにファルをドラッグ&ドロップしてください」のスペースに、送りたいファイルを移します。

送りたいファイルを下のスペースに移動させます。


準備中は進捗バーの色が灰色で、「完了!」の文字があらわれ、バーの色が青色に変われば貼り付け完了です。


その後、「アップロード」の隣のバナーにある「メール」を選択すると、送付先のアドレス入力とメールに転送される文章が打てる画面に移ります。


その下の受け取り確認欄には、受け取った相手がちゃんとダウンロード完了したら指定のアドレスに通知が来る便利な機能です。
念の為通知が必要な場合は指定しましょう。

ダウンロード通知アドレスを設定すると以下のように表記されます。


その後「送信」を選択し、相手方に送信が無事完了すると「メールの送信に成功しました」の表記が出てきます。

安全性は?

ギガファイル便始め、ファイル転送サービスは他にもありますが、パスワード設定やダウンロード期間の制限があるものの、やはり手入力やコピペでアドレスを使用します。人的ミスも含め、送信先の確認は念入りに行い慎重に送信しましょう。

スマホでも使えるの?

もちろん可能です。「スマホ⇔スマホ」、「スマホ⇔パソコン」も可能です。
但し、大容量データを送り合う場合、キャリアのプランによっては通信制限がかかる場合もあるのでご注意下さい。

まとめ

主に使い方や特徴をご紹介しました。
無料で登録不要のため手軽に使用できますが、安全面などに配慮しながら上手に使いましょう!

有償譲渡会に関する情報は特設サイトでご覧いただけます!

明けましておめでとうございます。
本年も、一般社団法人日本電子機器補修協会をよろしくお願い致します。

去年に続き、ノートパソコンに有償譲渡会を行っていきます。

有償譲渡会の日程と、会場に関する特設サイトを公開していますので、
ぜひご覧ください!!

特設サイトへは みらいへ活かす 日程 から。

よく見るあの漢字、どうやって変換するの?

文章を入力していくときに、どのように入力すればいいのか迷うことはありませんか?

今回は、そんな文字入力に迷った時の解消法をご紹介します。

手書きで検索して入力する

緑色の枠で囲んだアイコンをクリックします。

上記の画面が表示されます。

上から順番に、

  1. 手書き
    マウスで文字を描いて漢字を検索できます。画数の少ない漢字は手書きで検索すると便利です。
  2. 文字一覧
    一覧から文字や記号を探して入力できます。特殊な記号を入力するときに利用します。
  3. ソフトキーボード
    キーボードを使わずに、クリック操作だけで文字を入力できます。キーボードが壊れてしまったときなどに利用します。
  4. 総画数
    総画数から漢字を検索できます
  5. 部首
    部首から漢字を検索できます。

それぞれの機能にあわせて、漢字を見つけていきましょう。

読みを入力して変換する方法(ローマ字入力)

ひらがなの入力
  • 「を」 wo
  • 「ぢ」 di
  • 「ゐ」 wi
  • 「ゑ」 we
  • 「ぃ」 li または xi (小さい文字は先頭に「L」または「X」を付けます)
  • 「あっぷ」 appu (子音を重ねると「っ」を出せます)
  • 「でぃ」 deli または dexi または dhi
  • 「でゅ」 delyu または dexyu または dhu
カタカナの入力
  • 「ヴ」 vu
  • 「ヶ」 lke
漢字の入力
  • 「々」 ”おなじ”と打って変換
  • 「ゝ」「ゞ」「ヽ」「ヾ」 ”くりかえし”と打って変換
記号の入力
  • 「※」 kome (「こめ」と入力)
  • 「〜」 kara (「から」と入力)
  • 「゛」 dakuten(「だくてん」と入力)
  • 「~」 (チルダ) 【Shift】キーを押しながら、キーボードの【へ】キーを押します。
  • 「&」 (アンド) 【Shift】キーを押しながら、キーボードの【お】キーを押します。
  • 「_」 (アンダーバー) 【Shift】キーを押しながら、キーボードの【ろ】キーを押します。
  • 「@」 (アットマーク) 【せ】キーの右にある、【@】キーを押します。
  • 「→」 yajirushi (「やじるし」と入力。方向ごとに「うえ」や「みぎ」で「↑」や「→」と入力できます)
  • 「  」(括弧) kakko (「かっこ」と入力。変換を繰り返すことで、{}や“”など、括弧の種類を変更できます)

最後に

使用頻度が高いものを今回はご紹介しました。

参考にしていただければ嬉しいです!