よく使うアプリはピン留めに

よく使うアプリはタスクバーにピン留めすると、ワンクリックで開くことができとても便利です。今回はタスクバーにアプリをピン留めする方法をご紹介していきます。

タスクバーとは

タスクバーとは、画面の下にある「スタートボタン」から「時計」までの部分です。

赤枠の部分がタスクバーになります。

起動中のアプリなども、このタスクバーに表示されるので、今起動しているソフトウェアもすぐに確認することができますね。

このタスクバーにアプリを登録することによってワンクリックで開くことができ、とても便利にパソコンを使用することができます。

タスクバーへのピン留め方法

では、ピン留めの方法を確認していきましょう!

操作はとても簡単でピン留めしたいアプリを右クリックし、「タスクバーにピン留めする」をクリックするだけです。


タスクバーにピン留めすることができました!


タスクバーにあるアプリをピン留めから外したい場合には、アプリを右クリックし、「タスクバーからピン留めを外す」をクリックしてくださいね。

タスクバーの移動、非表示方法

タスクバー位置の変更方法
タスクバーの位置は、上下左右に動かすことができます。

①タスクバーのなにもないところを右クリックし、「タスクバーの設定」をクリックします。


「画面上のタスクバーの位置」から配置したい位置を選択します。


タスクバーの非表示の仕方
タスクバー設定画面からは、タスクバーを必要な時以外は非表示にすることも可能です。

①タスクバーの設定メニューを開き、「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」「オン」に切り替えます。

マウスをタスクバー位置に移動させると、自動的に表示されるので作業の邪魔になることなく使用することができますね。

最後に

今回はアプリをタスクバーにピン留めする方法をご紹介しました。
よく使うアプリなどはタスクバーに登録することですぐに起動させることができますので、ぜひ試してみてくださいね!

身近に潜む危険2・Windows詐欺警告

今回は、身近に潜む危険・第2弾「Windows詐欺警告」をご紹介していきます。最近とても流行している詐欺のようで、弊協会にもよくお問合わせが入ります。もしかすると既に遭遇した方も多いかもしれません。

この記事では簡単な対処法などもご説明していきますので、よろしければ最後まで読んでみてくださいね。

★第1弾の「身近に潜む危険」は下記のリンクよりご覧いただけます。 

 
 

パソコンが急に壊れた!?


インターネットサーフィンをしていると、システムからの警告が飛び出してくることがあります。上で挙げた画像は本物のような作りをしていますが、どちらも実際にある詐欺警告です。

詐欺警告のパターンは豊富で、「ウイルスに感染しています」「システムが古くなり破損しています」「今すぐ修理が必要です」など内容も様々です。
 

クリックするのは、ちょっと待って!

詐欺警告の発信元をよく観察すると、これらはWindowsのシステムからではなく、インターネットブラウザを通して表示されていることが分かります。インターネットブラウザを介してシステムからのメッセージが発信されることはありません。

中にはアラート音を激しく鳴らし恐怖心を煽ってくる警告も存在しますが、これらに遭遇してしまった時は慌てないことが大切です。「OK」ボタン・「更新」ボタンや怪しいリンクはクリックしないようにしましょう。
 
 

 
 
 

不審な警告が出た時の対処法

これらの警告はあくまで「広告」のようなものです。システムを装っただけのネット広告なので、実際には故障もしていなければウイルス感染もしていないケースがほとんどです。


 

警告を閉じよう

このような警告が出てきた際は、無暗にメッセージに触れないことが鉄則です。タスクマネージャーを出して警告を消しましょう。

★タスクマネージャーを表示するためのショートカット
「Ctrl 」+ 「Shift 」+「 Esc」
三つのキーを同時に押しましょう。
 

タスクマネージャーが表示された後、開いているインターネットブラウザ(Google chrome、Microsoft Edge、Internet Explorerなど、お使いのブラウザ)を選択し、「タスクの終了」ボタンをクリックします。すると詐欺警告を含めたインターネットブラウザのすべてを終了することができます。
 
 

パソコンがフリーズしてしまった

「パソコンがフリーズしてタスクマネージャーが開けない…」
そんな時はパソコンを強制終了します。パソコンの電源が落ちるまで、電源ボタンを長押ししましょう。

※この時、ACアダプター(電源コード)を引き抜いて無理やり電源を切るなど、乱暴な扱いはしないようにしてください。

 
 
 

終わりに

身近に潜む危険・第2弾はいかがでしたでしょうか?
このような警告詐欺に遭遇した時は、落ち着いてブラウザを閉じましょう。怪しいソフトをダウンロードなどしてしまい、ウイルスに感染してしまった恐れがある場合は、弊協会の補修窓口までご相談ください。

●JEMTC 補修センター
お電話:052-325-7413
ご対応時間:10時~18時(平日)

また、警告に記載のあった連絡先に電話したところサポート料を請求された、セキュリティーソフトを押し売りされたなどの話も聞きます。その場合は最寄りの交番や警察署へ相談をしてみましょう。警視庁のサイトに相談窓口の案内がありますので、気になる方は下記リンクからご覧ください。

●ウイルス感染の警告とサポートへの電話番号が表示された(警視庁サイト)
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/sodan/nettrouble/jirei/warning_screen.html

セキュリティソフトってどれを使えばいいの?

こんにちわ、JEMTCです。

前回でセキュリティの重要性やウイルスの知識等を書きました。
今回は、じゃあ、どんなセキュリティソフト使えばいいの?
という疑問が出てくると思います。

安いセキュリティソフトや無料のもの。お高いセキュリティソフト
一体どんな差があるのかを代表的なソフトを紹介していきたいと思います。

安いセキュリティ 高いセキュリティ

代表的な安いセキュリティソフトといえば
ZERO ウイルスセキュリティが代表です。
金額も安くて更新料も0円という破格のソフトになります。
検出率も95%の攻撃を防げる・・と聞くとすごいですが
セキュリティソフト業界では普通です。むしろ低め
シェア上位の製品であればほぼ100%の数字をだしてきます。

高い・・イメージで有名なところでいえば
ウイルスバスターやノートンが有名所でしょうか
大体ですが1.5倍程度の値段差があります。

では、差を見てみましょう。

主な機能として以下の物を比較します。
マルウェア性能
動作の軽さ
ランサムウェア対策
ネットバンク保護
フィッシング対策
迷惑メール対策
保護者向け機能
ID/パスワード管理

ノートンウイルスバスターゼロセキュリティ
マルウェア性能
動作の軽さ
ランサムウェア対策
ネットバンク保護
フィッシング対策
迷惑メール対策
保護者向け機能×
ID/パスワード管理○ID5つまで。×

ノートンやウイルスバスターさんはTOPを争っているだけに非常に高い性能を秘めています。
かたやゼロセキュリティさんは使えない機能が沢山ありますね
△マークは制限されていたり、別途オプションを購入することで可能になる。といったものです。

ゼロセキュリティさんを買ったけどパスワードも管理して欲しい!
メールも怖いし・・子供を守る機能も・・・
となると他の製品よりぶっちぎりの高価格ソフトになります。

安いものには理由があるわけですねー

しかし、ネットバンクしない、あんまりインターネットしないし・・・
といった方には丁度良いのかもしれません。使わない機能ですからね

逆に、オンラインで決算もしたいし、有害なサイトを子供に見せたくない・・
などなど、色々な所まで守って欲しい方はノートンやウイルスバスターさんを選んでおけば間違い有りません。
※ただし、機能が多い分動作は重めなので性能の低いパソコンではネックになります。

他にもカスペルスキー・ESETも高性能・高機能の部類に入ります。

このあたりから自分が重視したいセキュリティ面や機能を比較して選べば大丈夫です。

あんまり使わないよ。って方はゼロセキュリティでも大丈夫です。
ただし、重要なのは、セキュリティソフトを入れたら絶対安心。ではない。ということと
後悔先に立たず。ということです。
大切なデータを守ってくれるソフトなのでしっかり吟味して選びたいですね

ショートカットの作成方法

 
よく使うフォルダやファイル、お気に入りのWEBサイトにアクセスするとき、ワンクリックでアクセスできる「ショートカット」の作成方法をご紹介します。

フォルダや・ファイルのショートカット作成方法

①ショートカットを作成したいフォルダ・ファイルを右クリックで選択します。
「送る」→「デスクトップ(ショートカットを作成)」を左クリックします。

アプリのショートカット作成方法

ドラッグ&ドロップの操作で、簡単にショートカットを作成することができます。
スタート画面にあるアプリ一覧から、デスクトップ上にショートカットを作成する方法をご紹介します。

①スタート画面から、ショートカットを作成したいアプリを左クリックします。

②左クリックをしたまま、デスクトップ上に移動させます。

③デスクトップ上にショートカットが作成されました。

WEBサイト のショートカット作成方法

webサイトのショートカットを作成する方法を2つご紹介します。

デスクトップ上からの作成

①ショートカットを作成したい、WEBサイトのURLをコピーします。

②デスクトップ上の空いているスペースで右クリックします。
表示された、画面から「新規作成」→「ショートカット」を選択し、左クリックします。

③ショートカットの作成が表示されたら、右クリックで①でコピーしたURLを貼り付けします。

④貼り付けが完了後、次へを左クリックします。

⑤次に、デスクトップ上に表示する際の、ショートカットの名前を入力後、完了を左クリックします。

⑥デスクトップ上にショートカットが作成されました。

ドラッグ&ドロップで作成

①ショートカットを作成したい、WEBサイトのURL横にあるカギマークを 左クリックをしたまま、デスクトップ上に移動させます。

②デスクトップ上にショートカットが作成されます。

最後に

ショートカットの作成方法をご紹介しました。
あまり使わなかった場合はショートカットを削除すればよいだけなので、気になるサイトがあれば一時的にでもよいので気軽に作成してみてください!
ただし、アイコンの数を増やしすぎて、デスクトップがいっぱいにならないよう気を付けてくださいね☆