CPUの違い、周波数

こんにちわ、JEMTCです。
寒くなってきましたね。風邪などにも注意をしていきたい時期です

今回は、CPUの動きの簡単な仕組みをお話したいと思います。
パソコンを選ぶ際にもっとも重要な要素になるCPUはざっくりでも
色々覚えておくとお得なお買い物に出会ったり
お得に見えて実は…という製品を見極めるヒントになったりします。

早速見ていきましょう。

動作周波数

CPUに限らず、電化製品は電気信号で動いています。
この電気信号がどれだけ流れているか。がCPUの演算速度になってきます。

例えば、人間は心臓が一回動くと心電図の波形が一回動きます。
これが10回動けば10回動きます。
これを単位でHz(ヘルツ)といいます。一回だけなら1Hz 100なら100Hzとなります。

CPUはどれだけ性能が低くても1GHzは出ています。
1Gは1000☓1000☓1000 です。 なんと10億回です
1秒間に10億回信号を発し演算・処理の命令などを行っています。

つまりこの数字が高いほど、CPUの考える速度が速い。ということになります。
ただしCPUのクラスが同じ場合。に限ります。
CeleronとCorei3の1Ghzでは比べられません。

動作周波数を上げることはできるのか。

動作周波数をあげることは、できます。
ただし、その場合詳しい知識と、燃える。等のトラブルが発生することも考えて作業ができる事が条件になってきます。
ソフトウェアで上げたり下げたりできるものもありますが、自己責任になり
一切の保証はありません。

そのかわりにターボブーストという機能があります。
下記の図は自分のパソコンのデータですが、2.5GHzとなっていますが
2.65GHzで処理されています。

これはi5やi7などの高規格CPUにのみ搭載されている機能です。

CPUを見る際に多くの方が気にしているのがコア数というものがあります。
2コアとか4コアとか32コアなんてものもあります。

これは、1つ仕事に対して何人で仕事しますよーというものです。
コア数が多くなればそれだけ同時に色んなことを処理できるようになります。
二人で処理する必要のない仕事の場合は、片方が休眠し、その分のエネルギーを片方に回します。
二人より、一人のほうが仕事効率がいい場合は人間にも多々あるとおもいますが CPUはその分、一人の力を増大させてくれるのです。

Corei5・i7の製品はやや値段があがりますが、選ぶ価値が高いわけです。
もっと細かい、項目まで見始めると結局どれが良いのだ!?となってしまうので
ここでは動作周波数がCPUの性能に大きく関わってくる。ということ。
その中でもi5やi7はターボブーストにより、数値以上の効果を発揮すること。

を知ってもらえればと思います。

ちなみに、特に仕事が無い場合は、周波数を落として休んでる状態だったり
熱がたくさん出ている場合は、わざと周波数を落として自己防衛をしたりと常に一定ではありません。
(お湯を沸かして吹きこぼれたら電気が切れるあれと一緒です。)
動作が遅いなあ・・急に遅くなったなぁ・・などが起きた時は上記どちらかも影響していることが多いです。

少し待てば安定することも多いので、CPUが落ち着くまで待つ余裕があるといいですね

LANケーブルの選び方

こんにちわ、JEMTCです

今回は前回ご紹介したLANケーブルの種類と選び方について載せていきたいと思います。

1:LANケーブルの種類

スタンダードタイプ
太くて丸くて硬め。最も一般的なケーブルですね

スリムタイプ
細くて柔軟なタイプです。

フラットタイプ
ケーブルが平たく薄いタイプ

金属外皮タイプ
金属で覆われているのでペット対策に

どれも魅力的ですね!

前回、ご紹介したカテゴリーが一緒なら性能差はほとんどありません。
美しく配線したい!という人なら柔らかいスリム・フラットケーブルが良いです。

ただし、薄いということは衝撃に弱かったり外部からの干渉(電波)などにも
影響を受けやすくなります。
(私は、気になったこと有りませんが…)

スタンダードタイプのネットワークの安定性は先のものよりは勝りますが
一般家庭では気にする必要は殆どありません。
フラットケーブルからスタンダードにかえて劇的に変化!
みたいなことは起こりません。

強いて言うならルーターからHUBを通してパソコンに繋いでいる場合は
ルーターからHUB間はスタンダードが良い。という話も聞きます。
とはいえ、ご自宅の環境によって良し悪しも変わると思うので、気に入ったのでいいと思います!

私は、配線時に太いケーブルが目障りだったので全部フラットタイプに変えてしまいました^^;

2:ケーブルが長くなると遅くなるって聞いたけど?

50Mや100Mならたしかに遅延なども発生しますが
一般家庭の長さなら気にする必要はありません。

3:使えるケーブルと使えないケーブルがあるって聞いたけど?

昔はストレートケーブル・クロスケーブル
という種類があり、詳しい話は省きますが
ネットをするときはストレート
パソコンとパソコンをつなぐときはクロスケーブル

というのが有り大変面倒でした←間違えた人

現在は、そういった縛りはないので気にする必要はありません。
・・良い世の中になりました!

ちなみに、JEMTCは全国各地へ飛び回って譲渡会をやっているのですが
宿泊先のホテルに有線ケーブルが置いてない!もしくはすごく古い
なんてこともあるので・・・

こういった、巻取り式の物を持ち込んでます。

以上で紹介を終わります。
良さそうなケーブルは見つかりましたか?

良いケーブルで良いインターネットライフを!

困ったときは遠隔操作で助け合い

パソコンの操作がよく分からないから誰かに教えてもらいたい!他の人と画面を共有したい!ってことありませんか?

そんな時には「クイックアシスト」という遠隔操作アプリが便利です。

リモート接続を通じて2人のユーザーが1台のパソコンを共有でき、一方のユーザーがもう一方のユーザーのパソコンを使用できるようになります。

接続にはお互いの承認が必要になるので、不正アクセス等の心配もなく安心して使用ができます。

クイックアシストの開き方

①画面左下のWindowsロゴをクリック、もしくはキーボードの「Windowsキー」を押します。

「Windowsアクセサリ」を開きます。

「クイックアシスト」をクリックして開きます。

使い方

①「クイックアシスト」の画面が表示されたら、「他のユーザーを支援する」をクリックします。

支援するユーザーはMicrosoftアカウントが必要になるので、持っていない場合は使用前にアカウントの作成をしましょう。
※ 支援を受ける側はアカウントがなくても使用可能です。


②サインインが完了すると、セキュリティーコードが表示されます。
 有効期限は10分間なので、お互いに準備してからコードの表示をしましょう。

セキュリティコードの提供方法は様々です。


③支援を受ける側は教えてもらったセキュリティコードを「アシスタントからのコード」に入力し、「画面の共有」をクリックします。

お互いが使用を許可すると、リモート接続され、使用できるようになります。

クイックアシストで出来ること

クイックアシストでは様々なことができます。

①表示するモニターの切り替え(複数のモニターを接続している場合)
②デスクトップ上に直接コメントをする
③実際のサイズで表示する
④テキストチャットをする
⑤再起動する
⑥タスクマネージャーを起動する
⑦再接続をする
⑧一時停止する
⑨終了する
⑩各ボタンのラベルを表示させる


「一時停止」や「終了」の場合はまた再接続をすることができますが、画面を閉じてしまうと再度セキュリティコードが必要になります。

最後に

インターネットを介して遠隔操作をすることができるので、遠くに離れている方に操作を教えてあげたり、困っている友人や家族のサポートをすることができます。ぜひ活用してみてくださいね。

ステップ記録ツールでパソコン操作の履歴を残せる!

今回はWindows標準の機能である「ステップ記録ツール」を紹介したいと思います。

聞き覚えのない方も多いかもしれませんが

この「ステップ記録ツール」を使えば、パソコンを操作した履歴を自動的に写真にして記録してくれるんです!

他の人にパソコンの使い方を教えてあげる時や、パソコン上でトラブルがあった際の説明などに活用する事が出来るので

この記事を読んで使い方を身に着けてみてください。

ステップ記録ツールの開き方

①画面左下のWindowsロゴをクリック、もしくはキーボードの「Windowsキー」を押します。

②「Windowsアクセサリ」を開きます。

③「ステップ記録ツール」をクリックして開きます。

使い方

「記録の開始」をクリックすると記録が開始されます。

あとはマウスをクリックしたタイミングなどで自動的にパソコン操作の履歴を残していってくれますよ!

また、特に強調したい部分があるときなどには「コメントの追加」を選択する事でコメントを追加する事もできます。

コメントの追加を選択すると全体が白みがかった画面になります。

その状態で画面上をドラッグすると、選択した範囲が赤枠で囲まれるので

対応したコメントを入力して「OK」ボタンをクリックします。

記録をやめたい時には「記録の停止」をクリックしましょう。

すると記録した操作内容がスクリーンショットと共に表示されます!


「保存」ボタンをクリックすると保存先を選択する画面が表示されるので

名前を入力して「保存」をクリックすると記録した内容がZIPファイルで保存されます。


ZIPファイルにつきましてはこちらの記事をご参考ください。

ZIPファイルはそのままメールに添付することも出来るので、保存した内容は簡単に相手と共有する事が出来ます!