気をつけて!危険なパスワードとは?

使用しているパスワードは、危険なものではありませんか?大事なデータを守るためにも、パスワードの設定には充分に気をつけたいですね。
今回は、危険なパスワードと安全なパスワードの見分け方、作り方をご紹介します。

そもそも、パスワードの設定は何のため??

パスワードは、現在パソコンを操作しているのが自分本人であることを証明するためのキーワードになります。なので、パスワードは自分しか知らないものである必要があります。

インターネットでは、会員制サイトなどで、パスワードを入力することで個人のページへログイン/サインインします。
個人ページには自分の個人情報や、さまざまなファイルがあります。
もし、そこに悪意を持った他人に入り込まれてしまった場合、そういった重要な情報が盗まれてしまいます。また、自分になりすましてトラブルを起こされてしまうこともあります。
なので、パスワードが知られてしまったり、推測で当られてしまわないよう気をつけなくてはなりません。

見破られやすいパスワード

○単純な英数字の並びや、キーボードを順番に押したもの
複雑なパスワードは自分が忘れてしまうからと、安易なパスワードを使っていませんか?
例:「123456」「asdfghjkl (キーボード3段目の左端[a]から右へ順番に押す)」

○自分の親しい人や関連する数字や文字、またはその組み合わせ
住所、家族・恋人・ペットの名前、出身地、好きな芸能人など、あなたの情報からパスワードを見破られる可能性が非常に高いです。
例:「yamada (名字)」「hanako0125 (名前+誕生日)」

工夫されているが、まだ安全性が低いパスワード

○自分には無関係だけれど、辞書に載っている単語
パスワードを調べるときに、自動的にさまざまなパスワードを生成する攻撃用のプログラムを利用するのが普通です。そういったプログラムは「辞書に載っている単語を総当たりで入力したり、適当に組み合わせて入力したりする」ということが得意です。辞書に載っている単語をそのまま利用するのは避けましょう。
例:「elephant」「hujisan3776mauntain」

○単語の文字を逆順にしたり、似た形の文字に置き換えたもの
単語を逆順にしたり、アルファベットの「o」を「0」、「Q」を「9」などに置き換えたもの。
例:「ctmej ([jemtc]を逆順にしたもの)」「hanak0 ([o(お)]を[0]に置き換えたもの)」

○無意味で複雑な組合せだけど、
数字・小文字や大文字のアルファベットしか使われていない

意味のない適当な組み合わせは、推測だけで当てることは困難ですが、より複雑に最低限でもアルファベットの大文字、小文字、数字のように何種類もの異なる文字を組み合わせて作りましょう。
例:「05691248」「ahujydk」

最後に

あなたが利用しているパスワードは、こうしたものに該当していませんか?該当していたら、すぐにパスワードを付け直しましょう。
安全性の高いパスワードはどのようなものか、を次回ご紹介します。

急増するパソコン腱鞘炎に注意!!

インターネットを利用する機会が増える中で、急増しているのが”パソコン腱鞘炎”です。
パソコンが原因で起こる腱鞘炎です。また、”マウス症候群”とも呼ばれているそうで、こちらは主にマウスを操作することで起こる腱鞘炎です。
その原因と対策をご紹介します。

パソコン腱鞘炎の原因とは?

パソコン腱鞘炎とは、マウスやキーボードの操作によっておこる腱鞘炎のことです。
マウスのクリックやキーボードのタイピングで、長時間にわたって悪い姿勢・固定された姿勢で行うことで手に負担がかかり腱鞘炎を引き起こします。

一度痛めてしまうと、治るまでに時間がかかるのが腱鞘炎の特徴です。悪化すると作業していない時間にもひどい痛みに悩ませれることになります。痛みを感じ始めたら放置せずにしっかりと手首を休ませてください!!

パソコン腱鞘炎の予防法!

1.正しい姿勢を心がけよう
予防に一番大事なのは、パソコンを操作する姿勢です。正しい姿勢を身につけることで、腕や手首にかかる負担を最小限に抑えることができます。
以下のような姿勢を心がけましょう。

・足の裏をしっかりと地面につける
・背筋を伸ばし、軽く顎をひく
・肘の角度が90度になるようにする
・手首が曲がらないようにする

正しい姿勢については、詳しくは「正しい姿勢で快適なパソコンライフを」でご確認ください。

2.リストレストを使おう
姿勢と合わせて、リストレストを使ってみましょう。手首が来る場所に置くことで、キーボードとマウスの高低差が少なくなり、無理なく操作することが可能になります。

3.こまめに休憩をとろう
腱鞘炎は手首の使い過ぎによってひき起こります。そのため、こまめに休憩をとることが予防につながります。
最低でも1時間に1度は10分程度でよいので休憩をとるようにしましょう。
また、マッサージをしたり、手を温めるなどして血流の流れをよくすると効果的です。

4.マウスのお手入れをしよう
マウスパッドやマウスが汚れてくるとマウスの動きが鈍くなり、ついつい無駄な力が入ってしまい、手首への負担になってしまいます。
そのためスムーズに動くよう、掃除や買い替えをおすすめします。

最後に

パソコン腱鞘炎は、日常の生活でも支障をだしてきてしまいます。
長時間利用するからこそ、日ごろから意識することで、腱鞘炎を予防していきましょう!

※パソコン腱鞘炎の予防の大切さを広めたくこの記事を書きましたが、書き手は医療従事者ではありません。実践結果は個人によって差がある可能性が高いです。ご了承ください。

不安定なWi-Fiの対策まとめ

現在、スマートフォンやタブレットパソコンが広く使われるようになり、ご家庭や公共の施設など多くの場所でWi-Fiでインターネット接続が可能になってきました。

Wi-Fiを使うことの最大のメリットは場所を選ばずにインターネット接続ができる点です。またそのほかにも、LANケーブルなどの物理接続が必要ないなどのメリットもあります。
このようにとても便利なWi-Fiなのですが、まれに問題が起きてしまうこともあります。例えば、接続が不安手になり回線がブツブツと途切れるなど….これはなかなかストレスが溜まりますね。
そこで、今回はWi-Fiが途切れてしまった時の対策をご紹介します。

無線機器を再起動する

ルーターやデバイス(スマートフォンやパソコンなど)を再起動することで解決する場合があります。何らかの理由で正しく起動していない場合には、こういった問題が起きるケースがあります。
再起動は手軽に行うことができる対策なので、まず試してみましょう!

ルーターの距離を確認してみる

Wi-Fiの電波が届く距離は数メートル程度です。そのため、ルーターとの距離が離れてしまうとWi-Fiに接続できなくなります。
また、Wi-Fiの電波は壁を通り抜けにくく、異なる部屋にルーターがあるときや間切りがある場合も接続がしにくくなります。
対策としては、この距離を近くすることで、正常にWi-Fiに接続できる可能性があります。

電波干渉をしていないかチェックする

他のルーターと電波干渉している場合でも、接続が不安定になることがあります。こういった場合の対策としては、ルーターのチャンネルを変更する手があります。
チャンネルの変更方法は、メーカーや機器によっても異なります。方法が分からない場合には、サポートや専門家に確認してみてください。

ファームウェアをアップデートする

ファームウェアとは、ルーターなどのハード機器に内蔵されているソフトウェアのことです。これに不具合があると正しく接続できない場合があります。
最新バージョンのファームウェアは、各メーカーのホームページからダウンロードできる場合が多いでしょう。インストールも難しくないので、ぜひ試してみてください。

最後に

Wi-Fiはふとしたことで、接続が不安定になることがあります。そういったときのために、上記の対処法を頭に入れておくと良いかと思います。

パソコンを廃棄するときにきをつけたいこと

新しいパソコンに買い替え、古いパソコンは処分したい。そんな時のために、しっかりとパソコンの処分方法を知っておくと便利です。
パソコンやディスプレイモニターは、パソコンリサイクル法の対象になるため粗大ごみとして出すことはできなくなっています。
(プリンターやキーボード、マウスなどのパソコン周辺機器は対象にならないため、自治体などで不燃物・粗大ごみとして出すことも可能です。しかし各自治体で対応は異なるので、HPなどでご確認をお願いします。)
粗大ごみで処分できないパソコンどうすればいいかわからない方もいるのではないでしょうか?そこで今回は、パソコンを処分する際の方法をご紹介します。

正しい処分方法とは??

○パソコンメーカーへ送る
(1)パソコンリサイクル法に基づいた処分
2003年に執行された改正資源有効利用促進法(通称PCリサイクル法)以降は、新規に販売されるパソコンに回収費用があらかじめ上乗せされています。(約3,000~4,000円のリサイクル費用です。)
リサイクル費用を納入済みのパソコンには、マークがシールでパソコンに貼られます。そして、このシールの有無が無料引き取りの条件となります。
仮に2003年以降に購入したものであっても、シールを紛失していた場合には有償での引き取りになりますのでご注意ください。

対象のパソコンには 31 ← このマークがついています。

各メーカーごとに手順が異なるため、下記リンクより確認をお願いします。
一般社団法人 パソコン3R推進協会

(2)パソコンリサイクル法に基づかい有料処分
2003年以前に販売されたパソコンや、シールが貼られていない・とれてしまったパソコンは、新たに回収費用が発生します。リサイクル料金は各メーカーによっても異なります。各メーカーの回収費用は3,000円~程度。パソコン本体と液晶モニターを処分する場合、別々に料金がかかります。回収費用がそれぞれ3,000円だとしたら、パソコン処分で6,000円かかるということになります。

○地域の自治会や、専門の業者へ
(1)自治会でのリサイクル
一部の自治体では、パソコンの取り扱いができるようになっており、専用の回収BOXに入れればOK。お住まいの各自治体で取り扱いの確認をお願いします。

(2)専門の業者やリサイクル業者に引き取ってもらう
持ち込みや無料引き取り、着払いなどの手段で機器類を受け渡しします。
会社の数も多いので、自分に合った会社を選んで利用してみてください。また、無料で引き取ってほしいという方におススメです。

データの消去について

処分方法はいくつかありますが、必ず忘れていけないのはデータの消去です。
パソコンには必ずハードディスクが内蔵されています。ここにすべてのデータが入っており、ハードディスク以外の部品にデータが記憶・記録されることはありません。
削除する場合には、たとえゴミ箱に移しても完全に消去されているわけではありません。また、ゴミ箱から消去した場合にも同様です。
表向きには見えませんが、パソコンの内部ではハードディスにデータが残っているので注意が必要です。

個人情報の漏えいを防ぐためにも、ハードディスク処分の方法も合わせてご紹介します。

○専門の業者や、メーカーに任せる
パソコンの回収をしている専門の業者によっては、データの消去・証明書発行までサービスで行ってくれるところもあります。処分する際に合わせてデータ消去してもらうという方法です。
また、一部のメーカーでも回収の際にデータ消去してくれるところもあります。

○データ消去サービス
ハードディスクなどの記録メディアを持ち込むことで、データ消去を行う方法です。
店頭などにハードディスクや、パソコン本体を持ち込みその場でデータ消去を行います。

○自分でハードディスクを取り出す
パソコンからハードディスクを取りだし、自分で保管するか、物理的な破壊を行います。
取り出して破壊をしたハードディスクは、基本的に不燃・資源ごみとして出せます。(自治体により対応がことなりますので、HPなどで確認をお願いします。)
メーカー処分の場合、ほとんどのメーカーがハードディスクを取り外した上での廃棄・回収を認めていますが、ハードディスクを取り出してもよいか確認はしたほうがいいでしょう。

○自分でデータの消去を行う
ハードディスクの取り出しが難しい方は、専用のソフトを使ってデータ消去する方法です。比較的簡単に行えます。
データ消去の方法として、お使いの専用のソフトや、市販されているもの、フリーで配っているものまであります。
また、ピンポイントで消去したいデータだけを消去できるソフトもあるようです!

最後に

いかがでしたでしょうか?以上のことに注意しながら適切にパソコンを処分しましょう。