データを削除してしまった…

ちょっとした操作ミスで、消さなくて良いデータまで消してしまったと言う経験はありませんか?ゴミ箱に入っていれば良いのですが、ゴミ箱からも削除してしまった時の絶望感は想像に難くないかと思います。

本日は、そんな時に役立つアプリをご紹介します。

Recuva

Recuvaは高速で動作するファイル復元ソフトです。内蔵ハードディスクはもちろん、リムーバブルディスクなどの外部メディアから削除してしまったファイルの復元もできます。ダウンロードは下記リンクから可能です。

Recuvaダウンロードサイト
 
 

Recuvaは有料版と無料版のふたつがありますので注意してください。
今回は無料で使える「FREE」の方をダウンロードしてご説明していきます。
 
 
 

ダウンロードをした後は

1 「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示が出ますので「はい」を左クリックして先へ進みましょう。
 
 
 


 

2 Recuvaウィザードが表示されます。「次へ(N)>」を左クリックしましょう。
 
 
 


 

3 ここでは復元させたいファイルの拡張子を選択します。特に指定しない場合は「すべてのファイル」にチェックがされている状態で「次へ(N)」を左クリックしましょう。
 
 
 


 

4 ここでは復元させたいファイルの格納場所を選択します。どこにあったファイルか思い出せない場合は「ハッキリしない場合」にチェックがされている状態で「次へ(N)」を左クリックしましょう。
 
 
 


 

5 この画面まで進みましたら準備は完了です。「開始(S)」ボタンを左クリックするとスキャンが始まります。




詳細スキャンを有効について
この項目にチェックを入れると、より多くのファイルを検出することができます。ただし、注記にもあるようにスキャンが長時間になる可能性があるため、時間に余裕がある時にチェックするようにしましょう。

📝次回この手順をスキップしたい場合は、説明「2」の画面で表示される「起動時にウィザードを表示しない」のチェックボックスにチェックを入れてください。

スキャンが終わった後は

1 スキャン後は、上の画像のように復元可能なファイルの一覧が表示されます。

📝写真などのファイルを探す時は、画面右上にある「高度な設定に切替」ボタンを左クリックしましょう。サムネイル(小さな縮小画像)一覧に切替わり、視認しやすくなります。
 

カラーアイコンの意味

Recuva _-_ List_View.png

ファイル名の左横にあるカラーアイコンは回復が成功する度合いを示しています。
緑…回復可能
黄…おそらく回復可能
赤…回復できない可能性が高い
 
 


 

2 復元したいファイルのチェックボックスにチェックを入れ、画面右下の「復元(R)」ボタンを左クリックします。
 
 


 

3 復元が成功すると「ファイルが復元されました」と言う画面が表示されます。「OK」ボタンを左クリックします。
 
 


 

4 つづいて復元先を確認する画面が表示されるので、任意の場所を指定します。

以上で復元の操作は完了です。
 
 

最後に

誤って消去してしまった時に試したいファイルの復元アプリのご紹介はいかがでしたでしょうか?状態によっては復元ができない場合もあるのですが、無料で利用できるアプリですので、是非一度お試しください。

ショートカットキーでワープロソフトの操作をすばやく

パソコンのアプリの中でも、使用する機会の多いワープロソフト。

ノートパソコン有償譲渡会でお譲りしたパソコンにも、ワープロソフトがインストールされています。

「ワープロ」と書かれた、青色のデスクトップアイコン。

製品名はキングソフト社が開発した「WPSオフィス/Witer(ライター)」です。

ワープロソフト独自のショートカット

ショートカットキーと言えば、複数のアプリで共通のものも多くあります。

代表的なものには「Ctrl+C」(コピー)、「Ctrl+V」(貼り付け)、「Ctrl+S」(保存)などがありますね。

他にもショートカットキーは無数に存在しますが、中には「ワープロソフト」専用のショートカットキーもあります。

ショートカットキーを使えば、キーボードからマウスに持ち替えることなく文字入力を続けることができ、効率がぐっと上がります。

ワープロ専用ショートカットキーのご紹介

では、「ワープロソフト」専用のショートカットキーにはどのようなものがあるのか、実際に紹介をしていきます。

■カーソルの移動

【Ctrl + Home / End】:文書の先頭、末尾に移動する

【Ctrl + ↑↓】:前後の段落に移動する

【Ctrl + PageUp / PageDown】 前後のページの先頭に移動する

【Ctrl + G】 指定のページに移動する

入力欄にページ番号を入力すると、そのページにジャンプします。

■文字の選択

【Shift + ↑↓】:1行ずつ文字を選択する

もう一度↓(↑)を押すと、一つ下(上)の行も合わせて選択します。

【Ctrl + Shift+ ↑↓】:1段落ずつ文字を選択する

もう一度↓(↑)を押すと、一つ下(上)の段落も合わせて選択します。

■文字の入力

【Ctrl + Enter】:新しいページを挿入する

【Alt+ I  メニュー表示後に T】:日付・現在時刻を入力する

入力する日付の書式を選択しましょう。

最後に

すでにご存じの方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、いままでご存じでなかった方は目からウロコではないでしょうか?

今回ご紹介したショートカットキーは、あくまで「WPSオフィス/Witer(ライター)」についてのものです。

他のワープロソフトでは対応していない場合もりますのでご了承ください。

ワープロソフト専用のショートカットキーはまだ他にもいくつかありますが、それはまた別の機会に。

ショートカットキーを使いこなして、ワープロソフトの操作をすばやく!

作業をはやく終わらせて、残った時間を有意義に使いましょう。

ルーターの選び方

本日は、インターネットに不可欠なルーターについてご紹介します。

実は大事なルーター選び

自宅の環境に合わないルーターを使用すると、「回線速度が遅い」「回線が不安定」などの原因になります。

※電話線が引いてあるルーターの正式名称はONUと呼びます。今回はwi-fiルーターのお話です

無線LANにも種類(規格)がある

無線LAN(Wi-Fi)の規格は現在6つ、 それぞれ特徴や速度域があります。

規格名最大通信速度周波数帯
IEEE 802.11a54Mbps5GHz
IEEE 802.11b11Mbps2.4GHz
IEEE 802.11g54Mbps2.4GHz
IEEE 802.11n600Mbps2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11ac6.9Gbps5GHz

この「a」や「n」がルーターの裏に書いてあるものです。

画像のルーターの場合は、「aterm-・・・・g」と書いてある方が「IEEE 802.11g 54Mbps 2.4GHz」のWi-Fiになります。

現在、ご自宅にインターネット回線を引いている方の殆どが「光」を使用しているかと思います。光は最大通信速度が1Gbpsです。「g」のwifiを利用すると54M…これは0.054Gbpsになります。

全く速度が出ていないことにお気づきでしょうか?せっかく1Gの回線を引いていても、おそらく実測で20M程度になるかと思います。

仮に上のルーターを使用していた場合、もう片方の「a」を選んでも同じ速度のため買い替えが必要となります。

ルーターの買い替えにはどんな物を選べば良いの?

中にはインターネットの契約時に、プロバイダから支給されたレンタル機器を使用している方もいらっしゃるかと思います。 基本的にユーザーからの申告がなければ、プロバイダから機器の交換をすすめられることはありません。設置してから4~5年ほど経つ方は、一度プロバイダに交換の相談をしてみましょう。
※交換対応になる場合が多いですが、プロバイダのサービス内容等もあるのでご注意ください。
 

自分で用意をする場合

ここでさっきの対応表を思い出してみましょう。
IEEE 802.11n 600Mbps 2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11ac 6.9Gbps 5GHz

光回線を思う存分使用するためには「・・・・n」、もしくはACという規格に対応したルーターを選ぶようにしましょう。

ただし、パソコン機器そのものがAC未対応の場合、その規格を利用することはできません。 現在、弊協会でご用意しているパソコンは、残念ながらACに対応しているパソコンではありません。お渡ししている外付けの子機も、ACは未対応です。外付けの受信子機でAC対応している物を取り付ければ、AC規格の電波を使うことは可能ですので一度ご検討ください。

📝あくまで理論値のため、上記にある6.9Gbpsが使えるとは限りません。良いものを導入した場合でも限界があることを覚えておきましょう。

1:11AC対応 の製品
2:867+300 の表記がある物。
※数字が高いほど高性能になりますが、高価格になりますのでこのあたりがおすすめです。
3:ビームフォーミング対応 の物が高感度を実感できます。

ディスプレイの解像度について

パソコンのディスプレイの性能を表すために「解像度」という言葉が使われることがあります。

なんとなく、解像度が高い方が良いのではないかと考えられている方が多いと思われますが

この解像度が何を示しているのかは知らない方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな解像度について紹介したいと思います!

解像度とは

テレビや、パソコンのディスプレイは「ドット」という小さい点をいくつも並べて画面を表示しています。

そして、解像度はこのドットを何個表示する事が出来るのかを示しています。

例えば、解像度が1280×720と書かれていたら

横に1280個、縦に720個のドットを表示出来るという事になります。

ドットが多ければ多い程、画像や映像を細かく表現する事が出来ますが

ディスプレイのサイズが小さいと、小さい画面にたくさんのドットを並べることになるので

画面に表示される文字が小さくなって見づらかったりします。

テレビなどで話題になっている4Kの解像度は3840×2160ですが

ノートパソコンのディスプレイサイズで、4Kの解像度を等倍表示にするとかなり文字が小さくなってしまいます。

画素数と解像度

カメラの性能を表す時には「画素数」という言葉が使われますが

実は、ディスプレイの解像度とカメラの画素数はどちらもドットの数の事を表しています。

解像度は、ドットを何個表示出来るかを示していますが

画素数は、その画像が何個のドットで構成されているかを表しています。

500万画素であれば、ドットが500万個集まってその写真が作られているという事です。

解像度が1280 × 720だった場合、掛け算をした92万1600が表示出来るドットの数になるので

92万1600画素の写真まで表現出来ます。

画素数が低いと、画像を拡大した時に1つ1つのドットが大きく映るので
画像の粗さが目立ちやすくなります。

しかし、今ではスマートフォンのカメラでも、1000万画素を超える物もありますが

4Kモニターでも800万画素程しか表現することが出来ません。

ディスプレイの解像度が足りない場合はどうなるかというと、縮小された状態で表示されます。

等倍表示をすると、ディスプレイに映す事の出来るドットの数が足りないので、写真の一部しか見る事が出来ません。

ちょっとややこしいですが、解像度と画素数という言葉はどちらもドットの数に関係しているという事ですね!