アンインストールと削除を使い分けよう!

パソコン上でアプリやプログラムが不要になった時、削除やアンインストールを行うと思います。
しかし、この2つ意味を理解せず作業してしまうのは危険です。

今回は、使い分けと操作方法についてご紹介します。

アンインストールとは?

「アンインストール」とは、プログラムやアプリを無くし、インストールする前の態に戻すことです。

プログラムやアプリをインストールすると、デスクトップ画面にショートカットアイコンがつくられます。

プログラムやアプリがインストールされるとき、ショートカットアイコンが新規に追加されるだけでなく、様々な設定変更や他のプログラムなどが追加されています。

「アンインストール」を行うことで、単にショートカットアイコンだけが無くなるのではなく、変更された設定を元に戻したり、他の追加されたプログラムなども全て無くし、完全にインストールされる前の状態に戻すことをいいます。

削除とは?

「削除」とは、プログラムやアプリを無くしてしまうという意味では「アンインストール」と同じです。

通常「削除」というと、ショートカットアイコンをゴミ箱へ移した後にゴミ箱を空にすれば完了と思ってしまいますよね。

ファイルやフォルダなどのデータはそれで大丈夫ですが、プログラムやアプリを消す際には、それだけでは導入する際に変更された設定や、関係するプログラムを完全に消すことはできません。

この変更された設定を元に戻す作業と、関係するプログラムを削除する作業を怠ると、コンピューターの中に不要なものが残った状態が負担となり動きが遅くなるといった不具合が発生する可能性があります。

この設定を元に戻す作業や、関係するプログラムを削除する作業は、手動で行うと必要なものまで誤って消してしまう可能性もあるためかなり危険です。

不要になったプログラムやアプリを捨てたい時には、手動で「削除」するのではなく、「アンインストール」を行いましょう。

アプリ・プログラムのアンインストール方法

設定画面から行う

1. ①【スタートメニュー】 → ②【設定】の順に 左 クリックします。

2. 「Windowsの設定」画面から【アプリ】を 左 クリックします。

3.画面右側にアプリ・プログロムの一覧が表示されます。
アンインストールしたいアプリ・プログラムを左クリックし、【アンインストール】を左クリックします。

4. 「このアプリとその関連情報がアンインストールされます。」と表示されるので【アンインストール】をクリックすると、アンインストールは完了になります。

すべてのアプリ上から行う

1.①【スタートメニュー】で表示される②アプリ一覧からアプリ・プログラムを選び右クリックします。 ③表示された項目の中から【アンインストール】を 左クリックします。

2. 「このアプリとその関連情報がアンインストールされます。」と表示されるので【アンインストール】をクリックすると、アンインストールは完了になります。

最後に

「アンインストール」と「削除」についてご紹介しました。

またWindowsパソコンでアプリケーションを削除する際は、そのアプリケーションやプログラムが不要であるかをチェックしてから行うようにしましょう。

ファイルやショートカットは右クリックから削除できるため、比較的に容易に削除することができてしまいます。また削除してもゴミ箱に一度格納されるので復元も容易にすることができます。

しかしアプリやプログラムを削除してしまうと、復元することができません。なのでアプリやプログラムを削除する際はよく確認してから実施するようにしましょう。

無料で使えるMicrosoft Officeソフト OneNoteについて

ワード・エクセル・パワーポイントが有名なMicrosoftのオフィスソフト。

ほとんどの業務で欠かせない程の便利なソフトですが、その分お高いソフトでもあります・・。

そんなオフィスソフトの中でも、OneNoteというソフトは

インターネットの環境と、Microsoftアカウントがあれば無料で使う事が出来るんです!

今回はそんなOneNoteについて紹介したいと思います。

OneNoteの利用に必要なもの

・インターネット環境

・ Microsoftアカウント

Microsoftアカウントをお持ちでない場合は、こちらの記事を参考に Microsoftアカウント を作成してください。

OneNoteとは

OneNoteとは、その名のとおり、パソコン上のノートのような物で

メモ帳代わりに使うこともできますし、思いついたアイディアを絵と一緒に書き留めておくことが出来ます。

ノートは何冊も作る事が出来ます、一冊のノートは「ノートブック」といいます。

更に、ノートブックの中を分類ごとに分ける事が出来るんです。

ノートブックの中にある分類のことを「セクション」といいます。

記入する内容の分類ごとにセクションを作成して

セクション内にページを追加していき、ノートの内容をどんどん充実させていく、というのが基本の使い方になります。

メモ帳とほとんど変わらないと思われるかもしれませんが

OneNoteには、簡単に他の人とノートブックを共有する事が出来るという特徴があります。

ノートブックを共有したい人を招待すると、招待された人もノートブックを自由に閲覧したり、編集する事が出来ます。

編集した内容はオンラインで反映されるので、みんなで出し合ったアイディアをそれぞれが記入していったり、スケジュール管理などにも活用出来るんです!

今回はOneNoteの使い方についても、簡単に紹介したいと思います。

セクションの追加

まずはノート内の整理に役立つセクションを追加してみましょう。

左下の「セクションの追加」をクリックするとセクションを追加する事が出来ます。

クイックノートの下に新しいセクションが作成されました。

自分の作りたい内容に合わせて、セクションの名前を変更しましょう。

ページについて

実際に文章や絵を記入するところは、セクションの中にあるページです。

既に「無題のページ」というページが用意されていますが

このページは自由に増やしたり、減らす事が出来ます。

ページを追加するときは、左下の「ページの追加」をクリックしましょう。

「無題のページ」の上で右クリックをして「ページ名の変更」をクリックする事でページ名を変える事も出来ます。


ページ内の何もない空間をクリックすると、テキストボックスが表示されて、文字を入力出来るようになります。



作成した文章はドラッグ操作で好きな場所に移動させれます。



上のメニューバーからはフォントを変えたり、文字の色を変える事が出来ます。



基本的な使い方は、ExcelやWordなどの他のオフィスソフトと同じような感じですね。

今回はここまで、次回からは画像の挿入や、ページに絵を描く方法などを紹介していきます!

セキュリティに対する知識と姿勢

こんにちわ、JEMTCです。

コロナ禍の中大勢の方が譲渡会に来ていただいております。

その中でもたまに来る方のお話を元にセキュリティについて知識を書き綴っていきます。

1:Windows○○を使っているんですけど・・

来場者さんの中には、Windows7を使っている・・VISTAを・・XPを使って・・・
という方がかなりおられます。
Windows7はともかくVISTA・XPでネット使っている。という声をまだ沢山いただきます。

みなさん、なんとなくサポートが切れている。という認識はありますが
サポート切れとは一体どういうことなのか?という認識が無い人もいます。
よくウイルスバスター入れてるから平気!という声もいただきますが・・・

全く意味が無い。という事を覚えてください。

そもそもウイルスバスターなどのソフトもサポート切れしているんです。
さらに、セキュリティソフトはWindowsというOSが最新バージョンで威力を発揮します。
OSにはセキュリティの致命的なバグや抜け道が沢山あります。

これを取り除いたり修復したりするのがWindows Updateです。
この致命的なバグや抜け道から侵入されてしまいます。
侵入・攻撃に対してウイルスセキュリティは動きません。

あれは、あっちの管轄だから、僕たち関係ないです。侵入されたら仕事しまーす
と、こういう状態になります。
最悪、入られている事を知りませんでした。攻撃されてるのに気が付きませんでした。となります。

サポート切れのOSに対してセキュリティソフトはあまりにも無力です。
そして、侵入されたパソコンから世界へ向けて攻撃を始めます。
メールのアドレス帳から友人へ。その友人からその人の友人へ拡大していきます。

大切なデータや大切な友人を守るためにもサポートがなくなったOSのネット利用はやめましょう。

2:逮捕者が出たこともある。

だいぶ昔ですが、セキュリティの抜け道を使って日本政府のサーバーを攻撃するサイバーテロが起こりました。
警視庁はただちに調査し日本人男性を逮捕。家宅捜索され、パソコン等も押収されました。
しかし、本人はそのような事を行っておらず、後にパソコンをハッキングされ攻撃拠点にされたとわかりました。

誤認逮捕ではありますが、セキュリティ対策もせず古いOSを使っていたので自業自得。という見解もあります。

自分は大丈夫・・と思わず対策をしておいて損は無いということですね。

現在、サポートされているOSはWindows8.1とWindows10だけになります。
事情などもあるとは思いますが、サポートのなくなったOSを使っている人で
インターネットをしたい人は買い替えや、サポートのあるOSへのアップグレード等をおすすめします。

次回は、ウイルスの知識について載せていこうと思います。

よく使うアプリはピン留めに

よく使うアプリはタスクバーにピン留めすると、ワンクリックで開くことができとても便利です。今回はタスクバーにアプリをピン留めする方法をご紹介していきます。

タスクバーとは

タスクバーとは、画面の下にある「スタートボタン」から「時計」までの部分です。

赤枠の部分がタスクバーになります。

起動中のアプリなども、このタスクバーに表示されるので、今起動しているソフトウェアもすぐに確認することができますね。

このタスクバーにアプリを登録することによってワンクリックで開くことができ、とても便利にパソコンを使用することができます。

タスクバーへのピン留め方法

では、ピン留めの方法を確認していきましょう!

操作はとても簡単でピン留めしたいアプリを右クリックし、「タスクバーにピン留めする」をクリックするだけです。


タスクバーにピン留めすることができました!


タスクバーにあるアプリをピン留めから外したい場合には、アプリを右クリックし、「タスクバーからピン留めを外す」をクリックしてくださいね。

タスクバーの移動、非表示方法

タスクバー位置の変更方法
タスクバーの位置は、上下左右に動かすことができます。

①タスクバーのなにもないところを右クリックし、「タスクバーの設定」をクリックします。


「画面上のタスクバーの位置」から配置したい位置を選択します。


タスクバーの非表示の仕方
タスクバー設定画面からは、タスクバーを必要な時以外は非表示にすることも可能です。

①タスクバーの設定メニューを開き、「デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す」「オン」に切り替えます。

マウスをタスクバー位置に移動させると、自動的に表示されるので作業の邪魔になることなく使用することができますね。

最後に

今回はアプリをタスクバーにピン留めする方法をご紹介しました。
よく使うアプリなどはタスクバーに登録することですぐに起動させることができますので、ぜひ試してみてくださいね!