ノートパソコンとデスクトップパソコンの違い

ノートパソコンとデスクトップパソコン、どちらを選んだら良いのか悩んだことはありませんか?

そこで今回はノートパソコンとデスクトップパソコン、それぞれの特徴やメリットをご紹介します。パソコン選びの参考にしてみてくださいね!

それぞれの特徴

まずはそれぞれの特徴から確認していきましょう。

ノートパソコンとは?

ノートパソコンとはノートのように折りたため、どこへでも持ち運ぶことができます。
内蔵バッテリーを搭載している為、コンセントのない場所でも使用が可能です。
またタッチパッドも搭載しているので、マウスを使わなくても指でなぞるだけで画面の操作をすることができます。

デスクトップパソコンとは?

机の上など決まった場所に配置して使用するのがデスクトップパソコンの特徴です。
多くの場合モニターやキーボードが別売りになっている為、ご自身の用途に合わせて周辺機器を揃えることができます。
また拡張性にも優れているため、性能のアップグレードなども可能です。

メリット

特徴が分かったところで、次はそれぞれのパソコンのメリットを確認してみましょう。

○ノートパソコンのメリット

・軽くて持ち運びしやすいので、外出先でも使用できる

・設置スペースが少ないので、置き場に困ることが少ない

・バッテリーが搭載されているので、停電時にも使用が可能


○デスクトップパソコンのメリット

・同等の性能の物と比べるとデスクトップパソコンの方が安い

・大き目なケースを使用すれば、たくさんの機材・機能を追加することができる

・同価格で性能が良い機器を購入することができる

・モニター、キーボードが別のため、作業性が高い


最後に

持ち運びをして使いたい方はノートパソコン、決まった場所でしか作業をしない人はデスクトップパソコン。のように自分の使用用途に合わせてご選択してみてくださいね。

なお幣協会で譲渡している機器は中古パソコンの為、バッテリー機能を有しておりません。
電源ケーブルを接続した状態でご利用をお願いしております。
新品ではなく中古パソコンを検討されている方はこういった点を踏まえて検討するのをおすすめします。