データを削除してしまった…

ちょっとした操作ミスで、消さなくて良いデータまで消してしまったと言う経験はありませんか?ゴミ箱に入っていれば良いのですが、ゴミ箱からも削除してしまった時の絶望感は想像に難くないかと思います。

本日は、そんな時に役立つアプリをご紹介します。

Recuva

Recuvaは高速で動作するファイル復元ソフトです。内蔵ハードディスクはもちろん、リムーバブルディスクなどの外部メディアから削除してしまったファイルの復元もできます。ダウンロードは下記リンクから可能です。

Recuvaダウンロードサイト
 
 

Recuvaは有料版と無料版のふたつがありますので注意してください。
今回は無料で使える「FREE」の方をダウンロードしてご説明していきます。
 
 
 

ダウンロードをした後は

1 「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示が出ますので「はい」を左クリックして先へ進みましょう。
 
 
 


 

2 Recuvaウィザードが表示されます。「次へ(N)>」を左クリックしましょう。
 
 
 


 

3 ここでは復元させたいファイルの拡張子を選択します。特に指定しない場合は「すべてのファイル」にチェックがされている状態で「次へ(N)」を左クリックしましょう。
 
 
 


 

4 ここでは復元させたいファイルの格納場所を選択します。どこにあったファイルか思い出せない場合は「ハッキリしない場合」にチェックがされている状態で「次へ(N)」を左クリックしましょう。
 
 
 


 

5 この画面まで進みましたら準備は完了です。「開始(S)」ボタンを左クリックするとスキャンが始まります。




詳細スキャンを有効について
この項目にチェックを入れると、より多くのファイルを検出することができます。ただし、注記にもあるようにスキャンが長時間になる可能性があるため、時間に余裕がある時にチェックするようにしましょう。

📝次回この手順をスキップしたい場合は、説明「2」の画面で表示される「起動時にウィザードを表示しない」のチェックボックスにチェックを入れてください。

スキャンが終わった後は

1 スキャン後は、上の画像のように復元可能なファイルの一覧が表示されます。

📝写真などのファイルを探す時は、画面右上にある「高度な設定に切替」ボタンを左クリックしましょう。サムネイル(小さな縮小画像)一覧に切替わり、視認しやすくなります。
 

カラーアイコンの意味

Recuva _-_ List_View.png

ファイル名の左横にあるカラーアイコンは回復が成功する度合いを示しています。
緑…回復可能
黄…おそらく回復可能
赤…回復できない可能性が高い
 
 


 

2 復元したいファイルのチェックボックスにチェックを入れ、画面右下の「復元(R)」ボタンを左クリックします。
 
 


 

3 復元が成功すると「ファイルが復元されました」と言う画面が表示されます。「OK」ボタンを左クリックします。
 
 


 

4 つづいて復元先を確認する画面が表示されるので、任意の場所を指定します。

以上で復元の操作は完了です。
 
 

最後に

誤って消去してしまった時に試したいファイルの復元アプリのご紹介はいかがでしたでしょうか?状態によっては復元ができない場合もあるのですが、無料で利用できるアプリですので、是非一度お試しください。

アプリの自動起動設定を解除する方法

前回、アプリを自動的に起動する方法について紹介をしましたが

今回は逆に、アプリの自動起動設定を解除する方法を紹介したいと思います。

毎回パソコン起動時に何らかのアプリが起動して煩わしい・・と思われている方は

一度、アプリの自動起動設定を見直してみましょう。

自動起動の設定を行った場合

前回の記事で紹介している自動起動設定を行った場合は、こちらの内容を参考にしてください。

画面左下のWindowsマークを右クリック、「ファイル名を指定して実行」を選択します。


ファイル名を指定して実行のウインドウが開くので、名前の欄に「shell:startup」と入力します。


スタートアップフォルダが開きます、自動起動設定を解除したいアプリのショートカットをここから削除、もしくはデスクトップなどに移動させてください。


その他のアプリ

自動起動設定を行っていないアプリの場合、以下の設定方法で解除する事が可能です。

キーボードの「Windowsキー」を押してスタートメニューを開き、歯車のアイコン(設定)をクリックします。


「Windowsの設定」画面が開くので、「アプリ」をクリックします。


左の項目から「スタートアップ」をクリックします。


スタートアップメニューが開きます、「オン」になっているアプリが自動で起動されるようになっています。

「オン」の部分をクリックすると、「オフ」に切り替わります。

自動起動したくないアプリは「オフ」に切り替えましょう。

※セキュリティソフトは「オフ」にしないように注意してください!


時には目に優しく

プライベートから仕事まで様々なシーンで活躍する便利なパソコンは、もはや現代人には欠かせないアイテムになりつつあります。一日中ずっと触っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「おかげで目がしょぼしょぼ…」
「画面をずっと見ているせいで目がチカチカする…」
こんなお悩みをよく耳にします。

そんな時に役立つのが画面の明るさを調整する「夜間モード」です。光の強さを調節するだけで、目の疲れがかなり軽減されます。気になる方は以前の記事で設定方法をご紹介していますので、ぜひご覧くださいね。

部分的に目に優しくしたい

夜間モードは画面に表示される物すべてを暗くしてしまうため、たとえば動画視聴であったり写真を眺める時まで暗くなり、その鮮やかさが失われてしまいます。

「ワープロソフトや表計算ソフトで文書や表を作る時だけ、眩しくないようにしたい。」本日はそんな時にオススメの機能をご紹介します!
 
 

視覚保護表示モード


弊協会が取り扱うパソコンに搭載されている「WPS Office」のワープロソフトと表計算ソフトには 「視覚保護表示モード」 という便利な機能が付いています。

この機能を使うことにより、作成画面を目に優しく爽やかなグリーンに変更することができます。
 
 
 

設定方法

ツールバーの「表示」に「視覚保護表示」という項目があります。
操作は簡単!「視覚保護表示」をクリックするだけです。

 
 
 

▼ 真っ白だった作成画面が… ▼

目に優しい色合いになりました!

 
元の白い作成画面に戻したい時は、 「視覚保護表示」を再度クリックすると戻すことができます。

画像ではワープロソフトを変更していますが、表計算ソフトでも同じように「表示」から変更することができますので、ぜひお試しくださいね。

デスクトップアイコンが消えてしまった時の対処方法

前回、ごみ箱がデスクトップ画面から消えてしまうトラブルについて紹介をしましたが

それに似たトラブルとして、デスクトップに表示されているアイコンが全て消えてしまうという物があります。

突然、デスクトップ画面が空っぽになってしまうとビックリしてしまうと思いますが

こちらも設定を変更すれば、かんたんに解決する事が出来ます。

今回は、デスクトップアイコンを表示させる設定方法を紹介していきます!

設定方法

①デスクトップ画面の何もない場所で右クリックをして「表示」にカーソルを合わせます。

②デスクトップアイコンが表示されない場合は、「デスクトップアイコンの表示」のチェックが外れている筈なので、クリックしてチェックをつけます。


設定はこれだけです!これでデスクトップにアイコンが表示されるようになります。

「デスクトップアイコンの表示」にチェックが入っていればOKです。


ちなみに、デスクトップアイコンの表示サイズは変える事が出来ます。

先程と同じように、表示にカーソルを合わせて

「大アイコン」・「中アイコン」・「小アイコン」から表示させたいサイズを選択してください。


こちらも、かんたんに設定を変更する事が出来ます。


このように、かんたんに設定が出来る反面、自分でも気づかないうちに設定を変えてしまっていたり

家族の誰かが誤って設定を変えてしまう事もあるので

デスクトップ画面の表示がおかしい場合は

こちらの記事を参考に、設定を見直してみてください!